漫画・コミック

漫画・コミック 漫画・コミック

漫画・コミックに関する記事一覧。

おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって32巻感想!「状況ストライク」は受け入れられる?

「おおきく振りかぶって32巻」を読んだ感想です!やっと崎玉戦が終了しました。この巻では、高校野球のデリケートなテーマ「微妙なストライク判定」について取り上げていたのが面白かったです。
おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって31巻感想!三橋なぜ泣くの?

おおきく振りかぶって31巻を読みました。初読では三橋が泣いた理由がわからなかったのですが、作品中で阿部は理解していたみたいなので、もう1回読み直して考えてみました。
手塚治虫作品

手塚治虫「人間昆虫記」感想!主人公の名前に隠された裏設定が恐すぎる…

久しぶりに手塚治虫の「人間昆虫記」を読みました。いろいろムナクソ悪いながらも深みのある作品なのですが、主人公の名前に隠された裏設定にようやく気付き、ゾッとしているところです…。
手塚治虫作品

手塚治虫「MW」を再読した感想!後味の悪さは手塚作品No.1かも

手塚治虫の「MW(ムウ)」を再読した感想です。読後感の悪さでは手塚治虫作品の中でもナンバーワンなのではないでしょうか。暗いストーリーですが、考えさせられる深みもある作品です。
スラムダンク

スラムダンクに描かれる男の友情・ライバル関係は過去の話?

スラムダンクでは、登場人物たちのいがみあいは風物詩。ですが、現代の若い男の子たちの友情を見ていると、スラムダンクでの男同士の友情はもはや古い!?と感じることがあります。今の若い世代はスラムダンクの友情を理解できるのか!?
手塚治虫作品

手塚治虫「どろろ」感想!子どもには早すぎた漫画…主人公はBJの前世?

手塚治虫の「どろろ」がアニメ化される!手塚ファンの私、いい機会だと思い「どろろ」を引っ張り出して久しぶりに読んでみました。
手塚治虫作品

手塚治虫「鳥人大系」の感想!人類なら一度は読みたいスゴイ漫画

久しぶりに手塚治虫の「鳥人体系」を読みました。いつ読んでもやっぱりスゴイ作品だなあ…。人類なら人生で一度は読んでおきたい漫画!
聖闘士星矢

星矢世代がアンドロメダ瞬の女性化は「ないな・・・」と感じる理由

アンドロメダ瞬の女性化…。私は星矢世代で、ものすごくコアなファンというわけではありませんが、やはりこのニュースには衝撃を受けました。同時に思うこともあったので、ブログに書き残しておきます。
ドリフターズ

ドリフターズ6巻感想!漂流者(紫)が廃棄物(EASY)と戦う理由は?

ドリフターズ6巻を購入したのでその感想を~!漂流者と廃棄物がいったい何を争って戦っているのか、ちょっとずつ見えてきたかもしれない…?
スラムダンク

牧から流川への「あいつには気をつけろ」アドバイスが不親切すぎる件

スラムダンクで私が一番気になっているのは、「なぜ牧は流川と湘北に、エースキラー南のことをきちんと教えなかったのか?」ということです。あまり深い意味はなさそうですが…納得できる答えがないか考えてみました!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました