JCBの引き落とし日に銀行口座の入金忘れをした失敗談

こんな時どうする?
スポンサーリンク

新しくJCBのANAカードを作った私。

さっそく最初の引き落とし日が来たのですが…今までメインで使っていたクレジットカードと引き落とし日が違うことを失念していて、何と初っ端から引き落とし口座に入金するのを忘れてしまいました

ぽこ
ぽこ

あああ…!最初の最初から悪い印象を与えてしまった…!

と、もんどりうつほど後悔しましたが、まあ今は結構忘れてます!

クレジットカードの引き落とし日の入金忘れは初めての体験だったので、忘備録もかねて、この話をまとめておきます。

きっかけは銀行からのメールで発覚

JCBの引き落とし口座に指定しているのは三菱UFJ銀行ですが、少し前にインターネットバンキングを申し込んで開始していました。

で、ピンと来ないメールが三菱UFJから届きました。

タイトルは「口座振替処理(お引き落とし)未済のお知らせ」で、内容は…

お客さまよりご依頼の代表口座・サービス指定口座からの口座振替がお引き落としできませんでしたので、お知らせします。

ぽこ
ぽこ

何のこっちゃ…?

しばらく他人事のようにメール画面を眺めていた私ですが…ふと気づきました!

ぽこ
ぽこ

ヤバイ!今日は10日でJCBの引き落とし日だった気がする!残高が足りなかったかも!

メールには、「19時までに入金すればOK」と書いてありましたが、このメールを読んでいる時点で既に19時は過ぎていました…。

ど、どうしよう…。一秒でも早くJCBにお金を入れて、信用度をこれ以上落とさないようにしたい…。

三菱UFJ銀行であれば翌日も振替が行われる

さっそくJCBのサイトへ行って、よくある質問を検索すると、すぐ見つかりました。「お支払い日までに引き落とし口座に入金できなかった場合、どうすればいいですか?

ぽこ
ぽこ

よ、よかった…。よくある質問なんだ…。こんな失敗するのは私だけじゃないんだ!

と、レベルの低い安心を感じる私。

で、ページを読んでみると、三菱UFJ銀行をJCBカードの引き落とし口座に設定している場合は、引き落とし予定日に振替ができなかったら、月末までは毎日振替を試みるとのこと。

ぽこ
ぽこ

ということは、今日中に入金すれば、明日には引き落とされるってことよね?

というわけで、他のネット銀行から、ネットですぐに三菱UFJの口座に振り込みを行いました。

日付が変わったころに、ドキドキしながら三菱UFJのインターネットバンキングにログインして、口座情報を見てみると…

ぽこ
ぽこ

よかった!JCBから引き落としがされている!

日付が変わるとすぐに、振替が行われたようです。

何とか、入金遅れは1日で済ませることができました。

遅延損害金は入金が遅れるほど高くなる

今回の入金遅れは1日でしたが、たった1日の遅れでも、遅れてしまうと遅延損害金というものが発生します。

JTBの公式サイトによると、遅延損害金の計算式は…

元金×利率÷365日×支払い期日後経過日数

今回、私は利用額が約7万円、利率は1回払いで14.6、経過日数は1日なので…

70000×0.146÷365×1=28

28円ですね。

ぽこ
ぽこ

2か月後以降に請求されるらしいので、本当にこの金額で正しいか確認してみます。

2日後だったら倍の56円、10日後だったら10倍の280円…と、入金が遅くなればなるほど遅延損害金は高くなりますので、なるべく早く入金するのが吉ですね!

今回の失敗から得た教訓

いやー、クレジットの口座引き落としに入金忘れをしたのは、人生で初めてだったので焦りました~。

しかし、失敗からは学ぶことがたくさんありますね。

今回の失敗の教訓を書き留めておきます。

クレジットの引き落とし指定口座は吟味する!

クレジット口座の入金遅れは、遅れれば遅れるほど遅延損害金が高くなります。

そう考えると、今回は引き落とし口座が三菱UFJだったことはラッキーでした。

翌日にすぐに引き落としが行われたのは、三菱UFJだったおかげです。

すべての銀行が引き落としに失敗した後、連日振替が行われるわけではなく、銀行によっては次の引き落とし日まで10日ほどかかることもあります。

そうすると、遅延損害金が10日分かかってしまいますよね。

なるべく遅れないようにJCBに直接振り込む方法もありますが、やはり連日引き落としが行われる銀行が便利です。

JCBで入金遅れがあった場合に、それぞれの銀行の次の引き落としがどうなるかはJCBの公式サイトで確認できます

クレジットの引き落とし口座には一定金額が入っておくようにする

忙しい時は、ついつい銀行口座のクレジット引き落としの日を忘れることもあるかもしれません。

そんな場合に備えて、クレジットの引き落とし口座に指定している銀行には、自分が1か月にだいたい使う+αくらいの金額を、入金しておこうと思いました。

やっぱりインターネットバンキングは便利

今回、引き落とし日の振替はできませんでしたが、遅延を1日で済ませることができたのは、インターネットバンキングを使っていたことが大きかったです。

そもそも振替ができなかったことに気づいたのは、インターネットバンキング経由のメールからでした。

で、それは夜だったのですが、他のネット銀行から、オンラインで簡単に指定口座に振り込むことができました。

インターネットバンキングは、ATMを使った振込より手数料が安いのが長所です。

これからはATMも減っていく時代なので(会社の最寄りATMもなくなっちゃった…)、ネット銀行を安全に使いこなせるようにならなければと感じました。

まとめ

以上、

ぽこ
ぽこ

もう繰り返さないぞ!

という気持ちを込めて、自分への教訓記事として失敗談をまとめておきました!

タイトルとURLをコピーしました