ロシアW杯のVAR導入で夢想したAIが審判するサッカーの未来

サッカーとVAR サッカー
スポンサーリンク

サッカーのロシアW杯は、「VAR」が導入された、はじめてのW杯でした。

「VAR」とは、ビデオ・アシスタント・レフェリーの略です。試合の大事な局面で、微妙な判定があった場合、映像で確認できるという制度です。

ロシアW杯で「VAR」が介入している場面を見ていると、いつか、この「VAR」は、AIの判断に頼ることになるのかもしれないなあ…と感じました。

ぼんやりと、AIがサッカーを審判する時代のことまで、思考が飛んで行ったので、とりとめもなく記録しておくことにしました。

VARの導入自体は私も賛成

ロシアW杯での「VAR」は、ワールドカップでは初めての導入ということで、まだまだ制度が洗練されていない部分もありました。

ぽこ
ぽこ

なぜ、その場面で「VAR」を使わないんだよ!というシーンが、それぞれのファンにありましたよね。

ですが、「VAR」の導入自体には、賛成だというサッカーファンが多かったです。

ちなみに、私も「VAR」導入には賛成ですが、その一番の理由は、審判員のためです。

ゲームを裁く審判は人間ですから、判断をまちがうこともあります。

誤審をしてしまった審判は、一部の過激なサッカーファンの、批判・中傷・脅迫にさらされることが多いです。

「VAR」の助けを借りて、なるべく正しい判断ができるようになれば、審判が過剰に叩かれるような事態は、少なくなっていくのではないでしょうか。

将来はVRAにAIの判断が用いられるのは間違いない?

さて、この「VRA」では、将来、AIによる映像チェックが行われるようになる可能性が高いでしょう

そうなると、どうなるんだろう…。

ファンの反応としては、2つの相反する態度が考えられます。

AIが判断するなら、判定に間違いはないだろう」と、公平な判定を歓迎するタイプ。

AIの人情味のない機械的な判定はスポーツの面白みをなくす」と、AIがサッカーを衰退させると考えるタイプ。

AI審判はスポーツから人情をなくすか?

後者の、AIによる機械的判定に反対する派の意見をちょっと考えてみます。

ロシアW杯の準決勝、フランス×ベルギーを例にします。

フランスが1点リードで迎えた試合後半。必要のない時間稼ぎをしたフランス選手にイエローカードが出ましたが、そのフランス選手をどついたベルギーの選手にはカードが出ませんでした。

ここは、人間である審判の裁量が見られた場面で、「ここでベルギーの選手が怒るのは理解できるのでカードは出さない」という、温情だったと感じます。

AIの審判であれば、ベルギーの選手にもカードが提示されていたでしょう。

ただし、それは審判がAIのみで行われた場合の話です。

今のところ、AIの導入は、どの分野でも、AI単独での利用ではなく、人間の判断と、ミックスした利用が考えられているのが主流だそうです。

AIを、人間の審判を補助する役割として使い、最終的には人間が判断するのであれば、AIによる機械的な審判を防ぐことができるでしょう。

ただし、どんな先の未来の話かはわかりませんが、しだいに人間は、自分で判断するのがおっくうになってきて、AIに判断させる比重が増えていくのではないか…という気がします。

ぽこ
ぽこ

最終的に自分が判断すると、結局、過激なファンに叩かれてしまいますからね…。

もちろん、これはサッカーだけの話ではありませんね。

AI時代を生きる私たちは、手塚治虫が未来に残したメッセージ、「火の鳥 未来編」の警告を、深く受け止める必要があるのでしょうね。

AIの機械学習がビッグクラブと大国有利の判定を覚える!?

さて、ここからはちょっとヨタ話なのですけど、サッカー界では、クラブチームだとビッグクラブ、ナショナルチームだと大国に、有利な笛が吹かれるという、都市伝説のようなものがあります。

AIの特徴として、機械学習というものがあります。

AIは、膨大なデータを「これはファウル」「これはファウルではない」と一つずつ学習して、この学習をもとにしてに、正しい判断ができるようになります。

AIの機械学習は、人間の学習と似ていますが、学習するデータ量が、人間が学習できる量とくらべてケタ違いです。

そうすると、今までサッカー界に蓄積したきた、「ビッグクラブ」「大国」に有利な判定を学習することで、結局AIも、同じように不公平(に感じられるよう)な判定をするようになったりして…。

蛇足ながら、私は、サッカー界の「ビッグクラブ」「大国」有利な判定の傾向は、「まあ、サッカーだから…」と、まあまあ受け入れられる人間です(笑)。

幽遊白書の桑原のセリフ「キタネエ奴らにも筋通して勝つからかっこいいんじゃねーか?」が好きなんですよ!そのためには、キタネエ奴ら的なものがなきゃいけないという…

ぽこ
ぽこ

何かしょうもない話になってきたので、この記事終わります!

 

タイトルとURLをコピーしました