高校野球界の「忍者」東海大菅生・田中の守備を甲子園で見れない夏…

野球ボールとグローブ 高校野球
スポンサーリンク

今夏、甲子園で雄姿を拝めない、東海大系列の高校の内野手を特集する第二弾!

ぽこ
ぽこ

第二弾とか言っておいて、もう最終回なわけですが…

今回取り上げるのは、東海大菅生高校、1番ショートの田中幹也選手です。

「私が田中選手のファン1号!」と思っていた私…

私が、田中選手の守備を初めて見たのは、2017年の夏。

田中選手が、2年生で甲子園に出た時のことです。

行きつけの美容師さんが元高校球児で、高校野球にくわしい方なのですが、西東京の予選がはじまる前から、

今年の西東京は、清宮のいる早実でも、櫻井や金成がいる日大三でもなく、東海大菅生が甲子園に行くと思うよ。投手と打者のレベルがすごいんだよ。

と、おっしゃっていました。

で、フタを開けてみると、実際に東海大菅生が甲子園!美容師さん、スゴイじゃないですか!

私は、西東京大会をテレビで見る機会がなくて、東海大菅生は甲子園の初戦、高岡商戦をテレビ観戦がするのが初めてでした。

美容師さんイチオシのチームなので、「どんな投手、どんな打者がいるんだろう…」と、期待しながら見たのですが、試合を見終わった感想は、

ぽこ
ぽこ

確かに投手も打者もスゴイけど、一番スゴイのは、ショートの守備じゃん!!!

私は、あまりプロ野球を見ないこともあり、ドラフト候補として騒がれる選手よりも、自分のお気に入り選手を応援するという傾向があります。

ぽこ
ぽこ

よーし、この東海大菅生の田中選手は、私が見つけた選手!私だけの田中選手!私は違いのわかる女…!マスコミが騒ぐドラフト候補じゃなくて、この田中選手を応援するぞ!

と、心の中で勝ち誇っておりました(誰に対してだ…)。

東海大菅生の田中は「忍者」として甲子園通のアイドルに!

東海大菅生のショート田中選手は、とにかく動きが機敏です。

思わず拍手してしまうようなファインプレーが多く、非常にエキサイティングな、映える守備で魅せてくれます。

ぽこ
ぽこ

160cmなかばくらいの、強豪校のレギュラーにしてはひときわ小柄な選手なのですが、守っているときには、存在感があるためか、もっと大きく見えますね。

さて、私だけの田中選手だと思っていたのですが、こんな魅力的な選手、他の高校野球ファンも気づかないわけがありませんでした。

田中選手の「え?何でそれをアウトにできるの!?」という守備は、多くの高校野球ファンを魅了し、ついには田中選手は「忍者」という異名を持つこととなりました。

「何でそんなところにショートがいるんだ…!?」という守備でのプレーや、相手の隙をつく電光石火の走塁が、忍者の働きを思わせます。ネットで読める記事に「田中は忍者」と書かれたことがきっかけで、高校野球ファンにこのネーミングが広まりました。

あまり、一般の人にはなじみがないかもしれませんが、高校野球ファンにとっては「東海大菅生の忍者を知らない人は素人」というくらい、有名な存在となりました。

あああ…私だけの田中選手だったハズなのに…。

いや、仕方ないですね。田中選手のプレーは、守備だけでなく、スキのない走塁や、食らいつくバッティング、プレー全体に漂う明るい気迫など、

ぽこ
ぽこ

私は、こういうのが見たくて高校野球を見ているんだ!

と、高校野球ファンの琴線に触れるものがあります。

忍者の夏の終わりは神宮球場で

神宮球場

2017年の東海大菅生は、準決勝まで進み、優勝した花咲徳栄に延長戦の末敗れました。

圧勝の連続で優勝した花咲徳栄が、唯一苦戦したのが、この東海大菅生。

この時の東海大菅生は、全国優勝に近い力を持ったチームで、しかも田中選手を含めて2年生の主力も多かったので、また甲子園で田中選手を見れるだろうと、簡単に考えていました。

しかし、2018年の東海大菅生は、主力選手の離脱が続き、2017年の時点でファンが描いていたシナリオとは違う、苦しいチーム状況となりました。

最後は、西東京の準決勝で敗退することとなり、田中選手はネクストバッターズサークルで、試合終了のサイレンを聞いていました。

試合後に号泣する選手たちが多い中、田中選手が、ファインプレーをした後と同じような笑顔で、チームメイトを励ましていた姿が印象的でした。

なかなか忘れられないような笑顔でしたね~。この笑顔も含めて、本当に華のある選手だったと思います。

小柄な選手なので、卒業後すぐにプロではなく、高校とつながりの深い大学に進学してプレーすることが予想されます。

ぽこ
ぽこ

私の超超超勝手な希望を言わせていただくと、東海大か国際武道大あたりに進んで、東海大相模のセカンド山田との、二遊間を組む姿を見たい…!

私のもう一人の東海大系列のお気に入り内野手、山田選手の記事はこちらでございます。

東海大相模の2番山田はここぞという場面で10割打つ選手でした…
夏の高校野球100回記念大会がはじまる前に、好きなチームや選手が次々に敗退してしまい傷心のぽこです。夏の甲子園にぜひとも出てほしかった好きな選手を記録して残しておこうと思います。第1回は東海大相模の山田選手です。

追記 田中選手は、東都リーグの亜細亜大学に進学することになりました。1学年上の東海大菅生のエース松本投手の後ろで守る姿を、また拝むことになりそうですね。ユニフォームは高校時代と同じ縦縞なので、デジャヴを感じそうです。

タイトルとURLをコピーしました