鍵を閉めたかどうか不安になる人におすすめしたい対策!

鍵 生活の知恵
スポンサーリンク

私は結構楽天的な性格で、「神経質」とは、ほど遠いタイプです。

ぽこ
ぽこ

部屋も雑然としています~。むしろ整然としていたら落ち着かないくらいです。

なのに唯一、神経質になるのが「家のドアのカギを閉めたかどうか」。

これだけは、一度家を出た後に、「あれ…閉めたっけ?」と後から心配になり、家に戻ることが多いんです。

「家を出た後に鍵を閉めたかどうかが気になって戻る」という行為を毎日のように繰り返していたら、まったくもって時間のムダ、チリも積もれば結構な時間をムダにしてます。

特に旅行に出る前なんか、必ず一回家に戻っている気がします…。

そこで、対策を取ることにしました!

今のところ、うまく行っている対策が見つかったので、ご紹介します。

鍵は五感をなるべく使って閉めよ!

現在実践しているのは、なるべく多くの感覚器官を使って、鍵を閉めたことを認識しておく!という方法です。

具体的には五感のうちの三感を使っています。

視覚…鍵を閉めている自分の動作をしっかり見ておく
聴覚…鍵を閉めた時の「ガチャ」という音を、きちんと聴いておく
触覚…錠を回すときのあのクルッとした感覚を、手で確認しながら鍵を閉める

これで、家を出た後に、

ぽこ
ぽこ

あれ…鍵閉めたっけ?

と思っても、

視覚「ちゃんと見てたよ」、聴覚「ちゃんと音を聴いたよ」、触覚「鍵を閉めた感覚を覚えてるよ」と、三人体制でチェックしてあるため、安心してそのまま出かけることができます。

今のところ、これで成功していて、カギ閉め三感チェック法(今名づけた…)をはじめてから、家に戻ったことはありません。

本当は五感のうち、嗅覚と味覚も総動員できればよいのですが、いまのところ、嗅覚と味覚の出番はないですね~。

もし参考にできそうな方がいたら、かんたんな方法ですので、ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました