ものもらいの直し方は抗菌目薬の使いきりタイプをすぐつけるのが吉!

目薬 健康
スポンサーリンク

私は、忙しい日々が続いたり、寝不足気味だったりすると、ものもらいができやすい体質です。

ぽこ
ぽこ

要するに疲れると、ものもらいができます。この夏も甲子園の見すぎで、ものもらいができてしまいました。

ですが「ものもらい」を早めに治す、自分に合った対処法がわかっているので、この夏の「ものもらい」も、軽い症状のうちに治しました。

ものもらいができたら治るのを待つしかない…

と思っている、私と同じような「ものもらい仲間」のヒントになるかもしれないので、私の「ものもらい対処法」を書きます!

きっかけは眼科で抗生物質を処方されたこと

私は「ものもらい歴」が長いですが、病院に行くのに重い腰が上がらないタイプなので、今までは自然治癒するのを気長に待つやり方で、対処してました。

それは「対処」とは言わないのでは…

ですが、一度、ものもらいが「お岩さん」みたいに腫れてしまったことがあり、さすがに眼科に行きました。

でも、実はその眼医者さん、あまり評判がよくない病院だったんですよね。

ですが、連休前だったため、

ぽこ
ぽこ

「ものもらい」くらいであれば、どこで診てもらっても同じだろうよね

と思い、職場から一番近いその眼科に、かけこみで行きました。

お医者さんは私の眼を診察して、一言。

抗生物質を出しておきますので、飲んでください

ぽこ
ぽこ

ものもらいですか?

おそらくそうでしょう

と、アッサリ診察は終わりました。

で、2日間ほど、出してもらった抗生物質の薬を飲みましたが、まぶたの腫れはまったくひかず、むしろひどくなっている感じが…。

抗菌使いきり目薬という新しい武器をゲット!

休日に保健婦だった母と電話した際に、「ものもらい」の話をすると、「飲み薬なんかより目薬を出してもらえばよかったのに。ドラックストアに買いに行けば?」というので、近所のドラックストアに行ってみました。

薬剤師さんがいるお店なので、ものもらいにつける目薬のおすすめを聞いてみると、

抗菌目薬を使うといいですよ。特に使いきりタイプがおすすめです。使いきりタイプは、1回に使う量ごとに密封されているので、防腐剤が入っていなくて、目にやさしいですよ。

へえー。使いきり目薬なんてあるんだ。

で、おすすめされた目薬を購入して、何度か点眼すると、タイミングもあったのかもしれませんが、「ものもらい」の腫れは順調におさまっていきました。

ものもらいができやすい人は抗菌目薬を常備しておこう!

それ以来、家の救急箱に、使いきり抗菌目薬を常備しておくことにしました。

ぽこ
ぽこ

何となく目に違和感があって、「ものもらい」めいてきたぞ…

と、感じたら、すぐに目薬をさすようにしました。

この対処法にしてから、「ものもらい」がお岩さんみたいに腫れるほど悪化したことは、まだ一度もないです。

使いきり目薬の信者と化した私は、外で目に違和感を感じた時もすぐ使えるように、使いきり目薬の1回分を、ポーチに入れて持ち歩くようになりました。

現在使っている目薬はこちら。

抗菌目薬

抗菌目薬

1回分を、ポーチに入れて持ち歩いています。

「ものもらい」ができやすい体質の人は、「目に違和感を感じたら、即、使いきり抗菌目薬をつける!『即』が大事なので、常備しておく!」を、ぜひ試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました