高校野球でタイブレーク導入!ルール・規定を整理しておこう

野球 高校野球
スポンサーリンク

2018年から、高校野球で本格的にタイブレーク制度の導入がはじまりました。

「本格的に」というのは、今までも、勝敗が甲子園出場に関係しない、国体、神宮大会、春季大会では、タイブレークが実験的に取り入れられてきました。

2018年からは、甲子園のかかった秋季・夏季の地方大会、甲子園での大会でもタイブレークが採用されます。

高校野球ファンとしては、どのようなルール・規定で行われるのか気になるところです。

自分のための覚え書きページとして、高校野球で取り入れられるタイブレーク制度についてまとめておきました。

そもそも「タイブレーク」とは何?

「タイブレーク」とは、野球の試合が9回で決着がつかなかった場合、延長戦のイニングを、塁上に走者を置いた状態からスタートする制度です。

ノーアウトでランナーを出した状態から攻撃がはじまるため、点が入りやすくなり、試合が長々と続きにくくなります。

メリットとしては、試合時間が短縮される選手の疲労が少なくなる再試合が少なくなるなどが挙げられます。

高校野球で採用されるタイブレークの概要

タイブレークは何回からはじまるの?

高校野球では、延長戦に入ってすぐタイブレーク制がはじまるのではなく、延長12回までは普通に試合を行います。

延長12回終了でも同点の場合、延長13回からタイブレーク制で試合を行います

タイブレーク制では何回まで試合が続行されるの?

タイブレーク制のイニングに突入しても、同点の状態が続く可能性はあります。

現段階では、タイブレークに入ったら、決着するまで試合を行います。15回終了時に同点でも再試合にはならず、16回、17回と試合が続きます。

タイブレークを導入すれば、長々と決着がつかないケースは少ないだろうという予測から、こういったルールになっているものだと思われます。

タイブレーク導入後、予測が外れて、決着がつかず長引く試合が多いということになれば、改正されるのではないでしょうか。

ただし投手については、同じ投手が15回以上のイニング数を投げることはできません。

どんな状況でイニングがスタートするの?

タイブレークが適用される延長13回以降は、1塁と2塁にあらかじめ走者を置いた状態、つまりノーアウト1、2塁から、各イニングの攻撃がはじまります。

打順と走者はどうなる?

タイブレーク突入後も、打順は前の回から引き継がれます

あらかじめ1塁、2塁に置かれるランナーは、1塁ランナーは前の打順の選手、2塁ランナーは2つ前の打順の選手となります。

つまり、延長12回の攻撃が3番打者で終了した場合は、タイブレーク突入の13回は、打順は4番打者から。1塁ランナーが3番打者、2塁ランナーが2番打者となります。

いったん打席・塁についた後、代打・代走を出すことは可能です。

決勝戦ではタイブレークを採用しない

これが一番大きな決定事項だと思いますが、地方大会、甲子園大会ともに、決勝戦ではタイブレークは採用されません

従来通り、延長15回まで通常のルールで戦い、延長15回で決着がつかない場合は、再試合となります。

なぜ、決勝だけはタイブレークが行われないかというと、甲子園出場がかかる地方大会の決勝や、全国優勝が決まる甲子園の決勝で、人為的に決着をつけさせるというのは、現場としては受け入れにくい、少なくとも現段階では時期尚早と考えられているようです。

選手たちの疲労がたまっている決勝戦こそ、タイブレークを導入すべきでは?という意見もあり、今後も決勝戦でのタイブレーク採用については、議論が続くでしょう。

決勝戦が延長15回引き分け再試合になった場合、再試合ではタイブレークが適用されます。
ぽこ
ぽこ

タイブレークは導入がはじまったばかり。実際に行ってみての問題点や、現場の意見を集めながら、なるべく皆が納得できるようなルールになっていくとよいですね。

高校野球でのタイブレーク採用については、反対する意見も聞かれます。タイブレークがなぜ反対されるのかについてと、私の考えについてはこちらの記事にまとめました→反対意見もある高校野球のタイブレーク導入について考えてみた

反対意見もある高校野球のタイブレーク導入について考えてみた
高校野球で2018年から本格的に導入されたタイブレーク制。大学野球や社会人野球にくらべて採用が遅かったのは、導入に反対意見が少なくなかったからです。どのような反対意見があるのかを見ながら、高校野球におけるタイブレーク導入について考えてみます。
タイトルとURLをコピーしました