Zoff(ゾフ)のブルーライトカット33%を購入した感想!透明度や見た目は気になる?

お買い物・通販
スポンサーリンク

会社の健康診断で、近視が進んでいることに気づきました。

ぽこ
ぽこ

いや、まあ普段の生活で、メガネの向こうの世界が見えにくくなったと思っていましたが、気づかないフリしてたんですよね…。

そこで久しぶりにメガネの度数を変えることに。

私は昔からカジュアルでリーズナブルな眼鏡屋さんZofficonが好きなので、今回もZoffで眼鏡を作りました。

Zoffではレンズのブルーライトカットコートが無料に!

Zoff

Zoffに行ったのは久しぶりでしたが、レンズを追加料金なしでブルーライトカットコートにできると言われました

ブルーライトカットコートとは?

ブルーライトとはパソコンやスマホから出ている光線で「目によくない」と言われています。ブルーライトカットコートされたレンズはブルーライトを反射・吸収し、目にブルーライトがなるべく届かないようにします。

ぽこ
ぽこ

要するに、PC・スマホ疲れしている目の対策になるレンズってことね!

Zoffのブルーライトカットコートのレンズは2種類あり、33%カットと50%カット。

もちろん50%の方がブルーライトをカットする力は強いのですが、その分、レンズに薄茶っぽい色味が出ます。

33%の方はわずかに黄色っぽい感じがありますが、言われなければ普通のレンズと変わらない感じでした。

Zoffのブルーライトカット
  • 50%カットはレンズにうっすらと薄茶の色味がつく
  • 33%カットは少し黄色味があるけど普通のレンズとほぼ変わらない見た目

普通のレンズとくらべたUVカット率は?

今回購入するメガネは、自宅用ではなく外出用。

私は外出先ではそれほどパソコンやスマホを見ないので、「普通のレンズでもいいかな?」と思っていました。

ですがブルーライトカットコートにはUVカット機能もあることを知りました。

ぽこ
ぽこ

「美白には目のUVカットが重要」って説があるのよね…。

Zoffの店員さんに聞いてみると、普通のレンズでもUVカット機能はついていて94%程度はカットしてくれるそうですが、ブルーライトカットコートだと99%以上のUVカット率ということ。

33%の方は普通のレンズとほとんど見た目が変わらないし、「どうせならUVカット率が高い方がいいかな」と、33%レンズにしました!

普通のレンズとブルーライトカット33%をくらべてみる

さて。33%ブルーライトカットコートと通常のレンズを比較してみます。

自宅にはブルーライトカットコートが入っていないZoffのメガネがあるので、33%カットレンズと並べてみました。

こうやって見ると、どちらがブルーライトカットコートレンズなのか全然わからないですよね。

ここまでレンズだけ拡大してみても、違いはほとんどわかりません。

正解は左の大きなレンズがブルーライトカットコート33%です。

ブルーライトカットコート33%のレンズの色味は、通常のレンズとの違いはほとんどわからない程度です。

まとめ

そんなわけで、「Zoffのブルーライトカットコート33%のレンズの見た目は普通のレンズとほとんど変わらない」という結論でした。

今回久しぶりにZoffの店舗でメガネを作りましたが、相変わらず接客がていねいでスピーディ、またスタッフさんのメガネ愛が感じられて、楽しくメガネ作りができました。

無料でつけてもらえるメガネケースは数種類の中から選べますが、軽くてシンプルなものを選びました。

Zoffのメガネケース

ファスナーの取っ手がメガネの形をしているのがオシャレでかわいいです!

ZoffのメガネはZoff公式サイトiconでオンラインでも簡単に作れます。

オンライン限定のセールもあるので、次にZoffのメガネを作るときはオンライン作成しようかな?と思っています。

ぽこ
ぽこ

近視が進んだから家用メガネも作らなきゃいけないのよね…。

タイトルとURLをコピーしました