講談社学術文庫「古代ギリシアの歴史」を読んだ感想!

古代ギリシアの歴史 本の感想
スポンサーリンク

今回のギリシャ旅行は、古代遺跡巡りがメインです。

そのため

ぽこ
ぽこ

何か古代ギリシャの本を読んでみよう!

と思い、タイトルがシンプルな「古代ギリシアの歴史」を読んでみました!

さっそく感想を書いてみます!

講談社学術文庫から出ているから内容が難しい?

今回手に取った「古代ギリシアの歴史」は、講談社学術文庫という、いかにも難しそうなレーベルから出版されています。

普通の講談社文庫とは置いてある場所が違い、

ぽこ
ぽこ

む・難しそう…。読めるかな…?

と、心配でしたが、古代ギリシア史を扱った本の中では比較的刊行が新しかったので(とはいっても2004年)、「とりあえず読んでみよう!」とチャレンジしてみました。

読んでみた感想としては「文体は硬い。でも、実は内容はわかりやすい」と感じました。

ポリスは、歴史上はじめて政治なるものが合理的思惟の対象とされ、またわれわれの眼からしても、今日に通じる政治力学的解釈を説明の具として適用しうる世界である。

…こんな感じの文章もあるので、文章自体はとっつきにくいかもしれませんが、内容は思った以上にわかりやすいです。

内容がわかりやすいのは、筆者さんが歴史の「なぜ」をていねいに解説してくれているおかげでしょう。

歴史本がわかりやすいかどうかは、歴史の事実の羅列だけではなく、「なぜそうなったのか」を解説しているかどうかにあると思っています。

ぽこ
ぽこ

私が高校の時に使っていた世界史教科書は、それがなかったからわかりにくかったんだよ(自分の勉強不足もあるけどさ)…。

エヴァンズって古代ギリシア史の悪者?

クレタ遺跡

さて、古代ギリシアの中でもさらに古い時代の発見者について、高校の世界史ではシュリーマンエヴァンズを習います。

子どものころに本で読んだホメロスの詩は、ただの物語ではなくてきっと歴史的事実だ!いつかそのことを証明してみせるぞ!

…と、自らの夢を追いかけて、トロイ遺跡とミケーネ遺跡を発見したシュリーマンの生きざまはカッコよすぎます。

それに対し、クレタ遺跡を発見したエヴァンズは、それほど人気はないですね。

その不人気の理由は、クレタの遺跡を過剰に(しかも確証なく)復元したせいで、現在のクレタ遺跡の一部は偽物っぽくなってしまった…ことが大きいのかなと思っていました。

ぽこ
ぽこ

でもまあ、時代が違うし、エヴァンズも悪気でやったわけではないんじゃないかな…。

と考えていましたが、この本を読むと、エヴァンズさんの「やらかし」はこれだけではないようです。

筆者によると

エヴァンズは、絵文字とクノッソス出土の線文字のうち、Aについてはテキストをほぼ公にしていたが、多数のB文書については、そのうちのごく一部しか発表しなかった。

発掘した資料を公開しないというのは、「学者としての彼のルール違反」だと筆者は書いています。

なぜ公開しなかったのかは本書にはっきりとは書かれていませんが、どうもエヴァンズは自分が発見した「クレタ文明こそがエーゲ文明の中心」と主張していて、文書を公開すると自説に都合の悪いことが出てくるかも…と考えたのではないか…。

ここらへんは推測の域を出ませんが、人間が学問に対して中立の立場から向き合うことは、やはり難しいことなんだろうな…と感じました。

ぽこ
ぽこ

昨今の、科学の論文捏造とかと通じるものを感じます。

興味深かった部分をメモ!

本の中で興味深かったことを、メモしておきます。

デルフィの信託は、ギリシャのポリスが新しい植民地を築く際にどこがいいかを占ってもらうことで発展した。見知らぬ土地がどんな場所かはわからないので、神様に意見を仰がざるをえなかったとか。

スパルタは鎖国していた。そのため質実剛健なポリスができあがった反面、外からの刺激に乏しく文化は発展しなかった。スパルタ遺跡が貧弱なのは、保存が特別に悪いのではなく、アテネほどの建築物はもともとなかったということらしい。

ギリシアとペルシアの戦いは「ギリシア=他人の支配に屈しない、自由闊達な市民たち」「ペルシア=一人の専制王とそれに隷属する臣民たち」という、世界の対立として捉えることもできる。

前4、5世紀のアテネは、市民の自由と平等が最も実現された世界だが、その裏には人口の3分の1は奴隷だったという現実がある。他者の自由を奪って自分が自由になる世界…考えさせられるなあ…。

アテネ、スパルタに次いで、最後にギリシャのポリスで勢力を誇ったテーベは、マケドニアの進出に抵抗したため、徹底的に破壊されてしまったそうだ。テーベが特別遺跡が残ってる観光地となっていないのは、そのためなのかも。

まとめ

講談社学術文庫「古代ギリシアの歴史」を読んだ感想でした。

一度読んだだけで全てが頭に入ったわけではないですが、高校時代にただ丸暗記していた歴史用語が、著者さんのていねいな解説のおかげでいろいろつながったように感じました。

できればギリシアに行く前にもう1回読んで、理解をさらに深めたいです!

タイトルとURLをコピーしました