【五箇山】菅沼の展望台への行き方!バス停近くなので効率よく観光しよう!

白川郷・五箇山旅行記
スポンサーリンク

白川郷・相倉・菅沼の3つの合掌造り集落の中で、一番小さい集落が菅沼

白川郷や相倉には集落全体を見渡せる展望台があることを知っていましたが、菅沼にも展望台があることは現地に行くまで知りませんでした!

この記事では菅沼の展望台への行き方や、展望台から見える景色、展望台にいつ行くのが効率的か…などをまとめてみました。

菅沼集落から展望台への行き方

菅沼集落を見渡せる「展望台」といっても、特別に設けられた場所があるわけではありません。

菅沼集落の上を走るバス道路から、集落全体を見渡す感じになります。

菅沼集落から行くなら、バス停側入り口から見て反対側(白川郷方面)に、展望台行きのエレベーターがあります。

菅沼集落に入ると、「展望台行きエレベーター」という看板がいくつかあるので、それほど迷いません。

エレベーターに行くにはトンネルに入っていきます。

菅沼展望台行きトンネル

トンネルは比較的新しくキレイで、怖くないです!

このエレベーター展望台に上ります。エレベーターの営業時間がなぜか書いてないけど!

2021年3月時点では無料で使えました。

B3が菅沼集落、1階が展望台のある道路です。B2とB1には止まらないみたいですね。何があるんだろう。

このエレベーターが到着する場所には小ぎれいなトイレがあります。

エレベーターが到着した場所が展望台…というわけではなくて、「展望台」と書かれた矢印に従って、バス停方向に歩きます。

1分少々歩くと、菅沼集落の展望が見えてきます。

特別に展望台があるわけではなく、道路沿いの歩道から木々の切れ目を見つけて菅沼を見下ろします。

菅沼展望台はバス停の近く!効率よく動こう!

五箇山菅沼バス停

実は、菅沼の展望台は世界遺産バスのバス停から近いです。

わずか150mしか離れていなくて、歩いて2分

私はバス道路から菅沼集落に下りる→エレベーターの場所まで歩く→エレベーターでバス道路に上る→バス停方向へと戻る…という、超ムダな動きをしてしまいました!!!

ぽこ
ぽこ

下りた高さを上って、歩いた距離を戻っている…。

バスで菅沼に行く場合は、到着した時に展望台まで歩いて(白川郷方面に2分)展望を楽しみ、その後エレベーターまで歩いて集落におりるか、もしくは帰りにバス停に行く際に展望台に立ち寄るのがおすすめです。

菅沼の庄川

バス停と展望台の途中には、庄川がキレイに見えるスポットもあります。

菅沼展望台から見える景色!

菅沼展望台から見える景色をご紹介します!

静かでのどかな風景です。

五箇山菅沼展望台

菅沼は10分くらいで一周できちゃうほどの小さな集落なのですが、集落の小ささと素朴な合掌造りがよく似合っている気がします。

菅沼

上から見ると神社が木々に埋もれていて神秘的!ジブリ映画の世界のようですね。

菅沼合掌造り集落の風景

3月はまだ雪が残っていますが、屋根の雪はすべて落ちています。それにしてもおだやかな風景。

菅沼展望台

集落の向こう側にはエメラルドグリーンの庄川が見えています。この庄川と合掌造りが調和した風景が菅沼の魅力!

菅沼集落は川にぐるっと抱かれているような形をしています。

もっと人気が出てもよい観光地だと思いますが、逆にそれほど観光化されず素朴な雰囲気が残されているのが魅力なのかもしれません。

まとめ

  • 菅沼集落から展望台に行くにはエレベーターで上る
  • バス停と展望台が近いので、バスで行く場合は到着時か帰る際に展望台に行くと効率がよい
  • 特別な展望スポットがあるわけでなく上の道路の木々の隙間から集落を見渡す

菅沼にはこちらの展望台とは別に、庄川越しに合掌造り集落を見渡せる撮影スポットがありました。

よろしければこちらの記事も合わせてご覧下さい→【五箇山】菅沼合掌造り集落を庄川と一緒に眺められる穴場の撮影スポットへ!

タイトルとURLをコピーしました