【京都】祇園はやっぱり夕景・夜景!時代劇の世界に迷い込もう!

京都旅行記
スポンサーリンク

祇園で過ごした夕刻に待っていたのは、花街の素敵な夕景!

昼間とは違う、祇園の夜の濃厚な魅力たっぷりの世界を楽しみました!

花見小路の夕景・夜景

祇園の茶寮都路里祇園本店で美味しすぎるパフェを食べて…

お店を出ると、外が暗くなっていました。

祇園の夕景

都路里からは花街の花見小路が近いので、「もしかしたら素敵な夕景が見れるかも…」とのぞいてみると…

花見小路の夕景

予想通り、何て素敵な夕景!!!

ぽこ
ぽこ

やっぱり花街の本領が発揮されるのは暗くなってからの時間ですね~!

祇園の夕景

赤い提灯が点灯されて、つい明かりに誘われて寄っていきたくなる気分になりますね。

祇園の夕景

やはり花街は夜の町。昼間の花見小路とは全然違う雰囲気です。

ぽこ
ぽこ

時代劇の世界に迷い込んでしまったみたいな気分です!

祇園の夜景

だんだん夕景から夜景へと変わってきました。

提灯に照らされたこの濃厚な祇園の魅力は、夜景でなければ味わえませんね!

白川南通の夜景

祇園の夜景

花見小路の夜景が素敵だったので、白川沿いに古民家が並ぶ白川南通にも行ってみることにしました。

こちらは、花見小路がある祇園の南側から白川南通りに行く時に渡る巽橋近くの夜景。

花見小路の華やいだ雰囲気とは違う、落ち着いた魅力があります。

祇園の夜景

こちらは夜の巽橋。

灯りが多すぎないおかげで自然体の美しさが出ています。

祇園の夜景

白川沿いのカフェは夜の営業に入っていて、カフェからの灯りが白川を照らしていて美しいです。

祇園の夜景

白川南通は昼の清純な雰囲気もよいですが、ムーディな夜もよいですね!

祇園はぜひ夜の散歩も楽しんで!

祇園は昼と夜の風景は全く違う魅力がありました。

花街の本番の時間は夜でしょうから、祇園の本当の魅力を楽しむならやはり夜景も外せません。

それほど遅い時間でなくても、暗くなって提灯に灯りが入ったらじゅうぶんに夕景・夜景を楽しめるので、ぜひ夜の祇園も散歩してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました