【プラハ】GoodFoodはチェコのお菓子クリームロールが美味!

チェコのトルデルニーク チェコ旅行記
スポンサーリンク

チェコと言えばビール。

ビールがあまり好きではない私は、チェコ旅行で食べ物にはあまり期待していませんでした。

しかし、チェコで食べたものは予想以上に美味しいものが多かったです!

この記事ではチェコの定番スイーツ「トルデルニーククリームロール)」をご紹介します!

プラハの町を歩くと「ぐるぐる」の看板が…

プラハ旧市街広場

町歩きが楽しい、おとぎの国プラハ。

プラハの町をかわいらしく彩るのが、お店の凝った看板です。

プラハの看板

お茶を売っているお店の看板には、やかんがぶら下がっています。

看板を見ながら歩いていると、変な「ぐるぐる」の看板が、よく目に入ってきます。

クリームロールの看板

ぽこ
ぽこ

これ何だろ…

様子を伺ってみると、このぐるぐるの中にクリームを詰めた、いかにもカロリーが高そうなお菓子を持った人たちがお店の中から次々に出てくる…。

カレル橋入り口のすぐ近くに、たくさんのお客さんが並んでいる「ぐるぐる」のお店を見つけました。

こうなると、入ってみたくなるのが観光客心理。

てなわけで「ダイエットって何?」という精神で、私も並んでみました。

カレル橋のたもと「GoodFood」はぐるぐるの人気店!

プラハのGoodFood

こちらが行列のできる「ぐるぐる」店、その名もGoodFood

「グッドフードってそのままやん!」とつっこみたくなりますが、チェコはこんな風にわかりやすすぎる英語ネーミングのお店が多いです。

このぐるぐるのお菓子は、チェコ語では「トルデルニーク(trdelnik)」またはそのまま「クリームロール(kremrole)」と呼ばれる、チェコ観光定番のお菓子だそうです。

お店からは結構ド派手で、極彩色のぐるぐるを手に持って出てくる観光客たちの姿が…。

健康志向の強い私は、派手なぐるぐるには躊躇があったので、生クリームとイチゴが入った、無難なぐるぐるをオーダーしました。

チェコのトルデルニーク

こちら!130czk(約650円)でした。

店内の上の方に写真付きでメニューが並んでいるので、指さしオーダーができます。

お味の方は…まず、クリームが思ったより甘くなくて食べやすい!

それから皮の部分が、表面は固く、中身はもっちり感があって…コレはおいしいっ!

他のお店でもぐるぐるを食べてみましたが、GoodFoodのものが一番おいしかったです。

ぽこ
ぽこ

ちなみに私は他店でですが、せっかく買ったぐるぐるの上に載ったクリームを、派手に地面に落としてしまいました(涙)。クリームを盛り盛りにしてくれる分、落ちやすいので気をつけてくださいね!

クリームロールは高くて観光客向けのお菓子?

チェコ クリームロール

さて、ぐるぐることトルデルニーク(クリームロール)は大変に美味しかったのですが、

ぽこ
ぽこ

ちょっと高すぎるかなあ…

と感じました。

ぐるぐるにクリームを盛り付けるタイプのトルデルニークは、だいたい150czk前後で、日本円だと600~700円ほどの価格です。

ストリートフードのスイーツとしては、ちょっと割高に感じました。

ぐるぐるのお店は、プラハの観光名所近くや、観光都市チェスキー・クルムロフでは非常に多くありましたが、それほど観光都市でない町では、あまり見かけなかったのも気になりました。

ぽこ
ぽこ

実はチェコ人はぐるぐるをあまり食べてなくて、観光客向けのお菓子なのでは…

という気持ちも沸きました。600~700円のストリートスイーツを日常的に食べる人って、日本にもあまりいないですよね。

ただ、ぐるぐるのお店の中には、明らかに地元の人っぽいお客さんもいました。

そしてその人たちは、何も入っていない「ぐるぐるのみ」を買っていることが多かったです。

「ぐるぐるのみ」だと50~60czk(300円前後)くらいで、結構安いです。

研究不足(?)で断定はできませんが、トッピング付きの高いものが観光客向け、シンプルな安い生地のみのものが地元民向けなのかもしれないです。

ちなみに「ぐるぐるのみ」でも、生地自体おいしいので、じゅうぶん食べられます。

何となくトルデルニークは観光客向けっぽい感じがするなあ…

という人は、トルデルニークを「ぐるぐるのみ」で食べると、チェコ人が食べているスイーツに近い形で味わえるかもしれません。

GoodFoodでは、50czkで「オリジナル」という商品があり、これが「ぐるぐるのみ」のことだと思われます。
タイトルとURLをコピーしました