「特急日光」乗車記!新宿・池袋からゆったり座席で日光まで直行!

特急日光 日光旅行記
スポンサーリンク

都内から日光に行くには、東武東上線の浅草駅から特急列車に乗るのがポピュラーな方法ですが、浅草まで行くのが面倒だな、という人もいるでしょう。

実は、非常に本数が少ないのですが、JRの新宿・池袋駅から、乗り換えなしで日光まで行ける「日光」という特急列車があります。

私は、前日遅くまで仕事をしてから、翌朝早朝に日光へ向けて出発という旅程でした。

そのため、なるべく乗り換えを少なくして、特急の中で爆睡したかったので、このレアな、「特急日光」で、日光まで行ってきました。

その時の「特急日光」乗車レポです!

特急日光は本数が少ない!

特急日光

2018年現在、この「特急日光」は、1日にたった1本、朝7時台に出発する便しかありません。

交通の発達した首都圏で、不思議な話ですよね。まあこのへんは、JRと東武の大人の事情という感じがしますが…。

新宿・池袋から日光に直行で行けるなんて、大変便利な特急なので、1日に1本しかないなら、さぞかし混雑するだろうと思ったのですが、車内はガラガラでした。

3月の旅行オフシーズンとはいえ、週末の金曜日の朝だったんですけどね。

もしかしたら、この特急の存在自体が、あまり知られていないのかもしれませんね。

とはいえ、東京から日帰りでも行ける日光は、平日と土日祝日では、人出が倍以上に違います。

土日祝日に利用したい場合は、何せ1日1本しかない電車なので、早めに予約しておいた方が無難でしょう。

特急日光の座席について

特急日光の座席

座席はリクライニングすることができて、本当にガラガラで前も後ろもいなかったので、めいっぱい倒して爆睡しました。

終点まで2時間、まるまる寝ていればよかったので、楽々でした。

ちなみに、トイレは完備しています。パウダールームもあり、眠った後のメイク直しに便利でした。

日光での到着駅は東武日光駅

特急日光からの車窓

これも大人の事情だとは思いますが、この「特急日光」は、JRの新宿・池袋駅から日光方面に出発するにもかかわらず、日光ではJRの日光駅ではなく、東武日光駅に到着します。

とは言っても、JRの日光駅と東武日光駅は目と鼻の先にあり、歩いて1分くらいです。

利用者にとって、到着駅がどちらかということは、それほど問題ではありません。

特急日光の料金・所要時間・実際感じたコスパは?

特急日光

特急日光は、新宿・池袋から終点の東武日光までは、2時間程度です。料金は、乗車券+特急券のトータルで4000円。

新宿・池袋から、特急を使わずに日光まで行く方法もあり、湘南新宿ラインの宇都宮行きで宇都宮まで行き、日光線に乗り換えます。

特急を使わない方法だと、乗り換え時間も含めて、3時間弱くらいになります。運賃は2592円。

特急を使うと、1時間ほど時間が短縮でき、それに対し発生するコストは、4000円と2592円の差額、おおよそ1500円です。

私は、日光からの帰りは、特急を使わず、日光線+湘南新宿ラインを使いました。

特急との差は、単純に時間だけでなく、座席の質が違います。

湘南新宿ラインの電車では、リクライニングして爆睡というわけにはいきません。途中、乗り換えもあるため、ぐっすりとは眠っていられないということもあります。

特急の中でゆったりと眠りたいという場合は、1時間の差を、1500円で購入するのは、コスパとしては高くないと感じました。

特に、日光への往路では、日光についた後にガシガシ観光するために、特急を利用して体力を温存するのは賢い選択です。

タイトルとURLをコピーしました