プラハのカレル橋たもとでモンスターの「三匹のカエル」を探したら…

カレル橋 3匹のダチョウ チェコ旅行記
スポンサーリンク

プラハのカレル橋を旧市街側から渡り切ると、普通はそのままプラハ城へ行くか、カレル橋を回れ右して旧市街に戻るか…でしょう。

ただ、浦沢直樹のモンスターを読んだことがある方は、カレル橋のたもとで、どうしても探してしまうものがありますね。

そうです。「3匹のカエル」の看板です。

カレル橋は橋塔で終点

カレル橋

カレル橋のプラハ城側には橋塔があり、この塔が見えてくると橋の終点です。

プラハ城側の橋塔は、旧市街側の橋塔と区別して「レッサータウン橋塔(The lesser town bridge tower」と呼ばれます。レッサータウンとは、プラハ城の城下に広がるマラーストラナ地区のことです。

このレッサータウン橋塔は、愛嬌のあるかわいらしい橋です。

カレル橋

カレル橋

カレル橋

アーチを支えている、おとぎ話に出てきそうなおばあさん(?)や、怪物たち。

「モンスター」の中で、ヨハンが「僕はおとぎの国のような街で生まれた」と言っていたイメージと重なります。

ぽこ
ぽこ

私は重々しいストーリーである「モンスター」や、悲しげな旋律の「モルダウ」から、プラハには切ない風景のイメージを持っていたのですが、実際に見たプラハは、華やかでかわいらしい「おとぎの国」でした。

カレル橋のたもとで会えたのは3匹のカエルではなく…

さて、橋塔までたどりつくと、そのまままっすぐ進めばプラハ城へと上る坂道ですが、「モンスター」を読んだことがある人は、ここで「3匹のカエル」の看板を探してしまいます。

作中では、架空の橋のたもとにあるという設定の「3匹のカエル」ですが、この橋、どう見てもカレル橋がモデルなんですよね。

そこで、橋のたもとをウロウロしてみると、カレル橋を渡りきった右側に、3匹の…

3匹のダチョウ

3匹…いや、3羽のダチョウの古い壁画が残っているではありませんか…!この3っていう数字は偶然かしら?

しかも、その建物を見てみると…

カレル橋 3匹のダチョウ

印象深い「3羽のダチョウ」の看板もあります!

近くを探してみましたが、「3匹のカエル」は見つかりませんでした。もしかしたらこの「3羽のダチョウ」が、作品にインスピレーションを与えたかもしれませんね。

ちなみにこの「3羽のダチョウ」の看板がある建物は、歴史あるレストランで、カルロヴァ通りにあるプラハ最古のカフェ「金のヘビ」と同時期に、同じ経営者がはじめたものなのだとか。

3羽のダチョウからカンパ島まで行ける!

この「3羽のダチョウ」のすぐ近くには、いかにもおとぎの国風の人形屋さんもありました。

カレル橋のたもと

1ユーロ入れたら動くのでしょうか。レトロなからくり人形劇。

ぽこ
ぽこ

幼い頃のヨハンやニナが見たのかな?なんて空想してしまいます。

そのままクリームロールの屋台などがある雰囲気のよい道を通り、カレル橋の下をくぐっていくと、こちらからもカンパ島まで行くことができます。

カンパ島は静かで雰囲気のよい場所です。3匹のカエル…じゃなくてダチョウを見たら、そのままカンパ島の見学をするのもおすすめです!

プラハの穴場スポット「カンパ島」でチェコの河童に会える!?
プラハのカレル橋からはモルダウ川に浮かぶカンパ島へ下りることができます。喧噪のカレル橋と打って変わって静かな時間が流れるカンパ島。チェコの河童に会えるひそかな人気スポットをレポートします!

ちなみに「モンスター」未読の方で、プラハに行く方は、非常に重いテーマの漫画で長編なので、軽々しくはすすめられませんが、深く心に残る作品であることは間違いないと思います。

よい機会ですので、できればチャレンジしてみてください。個人的にはおすすめしたい漫画です!

タイトルとURLをコピーしました