3月のウィーンの気候!どんな服装で観光するのが正解?

グロリエッテ行きの道 オーストリア旅行記
スポンサーリンク

私は3月の上旬~中旬にウィーンに滞在しました。

3月のウィーン旅行にはどんな服装で行くのがよいか、振り返ってみます!

3月のウィーンの気候は東京より少し寒い

3月のウィーン

3月のウィーンの平均気温は、最高気温11℃最低気温3℃です。(https://www.weather-atlas.comより)

東京の3月の平均気温は、最高気温14℃、最低気温5℃ですので、ウィーンの3月は東京より少し寒いという感じですね。

グロリエッテからの「眺め

実際にウィーン足を運んだ印象だと、気温は東京より低いのでしょうが、春の陽光が降り注ぐ日は、東京よりも日差しが暖かく感じました。

ウィーンのビッツィンガー

日が沈む夕刻以降は、やはり気温通り東京よりは寒く感じます。

3月に雨が降る日数は、ウィーンと東京は同じ8日です。

東京と同じように、ウィーンも3月は季節の変わり目で雨が降りやすいと考えてよさそうです。折りたたみ傘は必須ですね。

ぽこ
ぽこ

私の3月ウィーン滞在時は、幸いなことに雨は一度も降りませんでした。

3月のウィーンの観光客はどんな服装をしている?

「東京より少し気温が低い」という、3月のウィーン旅行にはどんな服装で行くのが正解なのか。

実際に3月にウィーン観光している人たちの服装を見てみましょう。

カフェ・ザッハーの行列

まずこちら。カフェ・ザッハーに並んでいる人たちの服装です。

曇りがちの晴れで、時刻は10時くらいでした。

ダウンコートや、ウィンドブレーカーの人が多いですが、マフラーを巻いている人や寒そうにしている人はいません。

コートを脱いでいる人もいますね。

ウィーン・ベルヴェデーレ宮殿

こちらはベルヴェデーレ宮殿の切符売り場に並んでいる人たちの行列。

時刻は15時頃で、天気はちょっと曇りがちでした。

短い丈のダウンコートか、ロングのウールコートを着ている人が多いです。

でもやはり屋外に並んでいても、寒そうにしている人はいません。

3月のウィーンにはどんな服装で行くのがおすすめ?

シェーンブルン宮殿グロリエッテ遠景

3月に実際にウィーン観光をしている人の服装を見てわかるように、3月のウィーンにはそれなりに防寒できるコートが必要です。

ただし、真冬のようなロングで分厚いダウンコートでなくてもいいかな、という感じです。

  • ショート・ミドル丈のライトなダウンコート
  • キルティングコート
  • しっかりした生地のウィンドブレーカー

こんなところがおすすめです!

ウィーンの3月は東京に比べて日差しは暖かいですが、風は冷たく感じたので、風を通すウールコートや綿素材のコートはおすすめしません。

「どうしてもウールか綿のコートで行きたい」という場合は、風を通さないように、中に着れるインナーダウンがあれば大丈夫だと思います。

ぽこ
ぽこ

ユニクロのポータブルウルトラライトダウンみたいなものがいいかも!

コートの中身は、薄手のウール素材やコーデュロイ、起毛素材などがよいでしょう。

インナーダウンや、厚手のコートを持っていく場合は、もう少し薄手の生地でも大丈夫です。

まとめ

3月のウィーン

3月のウィーンは東京よりやや寒い」…日本の服装だと2月の終わりごろ、12月のはじめくらいを想定しておくとよいでしょう。

3月のウィーンは寒すぎることはなく、逆に暑くて歩きにくいということもないので、観光しやすいシーズンだと感じました。

旅行用のちょっとしたファッションアイテムを探すのにおすすすめ→ベルメゾンネット icon
タイトルとURLをコピーしました