【インスブルック観光】チロル風出窓エルカーを楽しむ!

インスブルックのエルカー オーストリア旅行記
スポンサーリンク

インスブルックの中心街は、予想していたよりもずっと美しい町並みでした。

その美しい町並みを作り出しているのは、エルカーと呼ばれる出窓です。

「エルカー」って何?

エルカー(Erker)とは、チロル地方の建築物に特徴的な出窓のことです。

インスブルックのエルカー

上の方の階から、下の方までずっとつながっている出窓で、縦に細長く出っ張っているのが特徴です。

このエルカーは、非常に美しく装飾されていることが多いです。

エルカーはインスブルックだけでなく、「チロル地方」と呼ばれる、オーストリアと北イタリアにまたがる地域一帯で見ることができます。

インスブルックの美しいエルカー!

インスブルックは、このエルカーを見て歩くだけでもじゅうぶん観光になる町です。

インスブルックのエルカー

外壁いっぱいにエレガントな絵が描きこまれた建築物です。

貼りだしたエルカーがいいアクセントになっています。

インスブルックのエルカー

こちらは紋章や模様が入っていて、ハイセンスな雰囲気のエルカー。エルカーの上部分も面白い形になっていて、全体として目を惹く建物でした。

インスブルックのエルカー

このエルカーは、ハトがいっぱいとまっているのかと思いきや、この鳥たちは彫刻でした!

ハトよけのためですかね?それとも純粋な飾りでしょうか?

こちらはかなり手の込んだ彫刻で飾られているエルカーです。

クマやサル、シカ、クジャクなどの動物、異形のモンスターもいます。ずーっと見ていても飽きないエルカーでした。

インスブルックのホテルSTAGE12外観

こちらは私が宿泊したホテルですが、丸っこい控えめなエルカーがついています。

インスブルックのエルカー

こちらは「WeinHaus(ワインハウス)」と書いてあるので、ワイン醸造所かワインバーなのだと思いますが、エルカーにワインを作る様子が描かれています。

ぽこ
ぽこ

ラブリーな画風ですよね!

インスブルックのヘルブリングハウス

こちらはインスブルックで有名なロココ建築物、ヘルブリングハウスのエルカーです。

全体としてフリフリしているロココ建築ですが、エルカーがあることで建物にメリハリがあると感じました。

インスブルック最高のエルカーは?

さて、インスブルックで最高のエルカーと言えば…

インスブルックの黄金の小屋根

やはり黄金の小屋根でしょう!

そう、黄金の小屋根も実はエルカーなんですね。

インスブルックの黄金の小屋根

神聖ローマ皇帝、ハプスブルク家のマクシミリアン1世が、広場で行われる催し物を観賞するために作られたエルカーで、きっちりと装飾されています。

インスブルックの黄金の小屋根

古そうなフレスコ画が歴史を感じさせます。

インスブルックの黄金の小屋根

ハプスブルク家の双頭の鷲の紋章も描かれていて、いかにも皇帝用エルカーって感じです。

エルカーを見て歩くだけでも楽しいインスブルック!

インスブルック

インスブルックは、ガイドブックを読むと「それほど見どころが多いわけではないのかな…」と思いましたが、実際に足を運んでみると、想像以上に町そのものが美しかったです。

特にエルカーを見ながら町歩きすると、それだけで美術館にでも入場しているかのように楽しめます。

ぽこ
ぽこ

エルカー見学は無料でできるのも嬉しい!

インスブルックでは、観光名所をピンポイントでたどるだけではなく、エルカーの並ぶ美しい町並みを楽しみながら歩くことをおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました