オーストリア土産に購入したパンプキンシードオイルの話!

ユリウス・マインルのかぼちゃオイル オーストリア旅行記
スポンサーリンク

オーストリア土産…と言っても、オーストリア旅行に行くまでは

ぽこ
ぽこ

オーストリアの名物って何だろう…?

と、見当もつかなかった私。

オーストリア旅行のガイドブックを見てみると、「パンプキンシードオイル(かぼちゃオイル)がおすすめ」と書いてありました。

ぽこ
ぽこ

よくわからないけど、日本ではあまり馴染みがないからお土産にはよいかも!

と思い、自分用やお土産用にパンプキンシードオイルを買ってみました!

パンプキンシードオイルはどこで買えるの?

ユリウス・マインル

パンプキンシードオイルは、オーストリアのスーパーマーケットでも購入できます。

ですが、お土産用にちょうどいい、少量サイズの高品質のものを探すなら、食材専門店の方がよいでしょう。

私はウィーンの高級食材店ユリウス・マインルで、ユリウス・マインル社オリジナルのパンプキンシードオイルを購入しました。

パンプキンシードオイルのお値段は?

パンプキンシードオイル

ユリウス・マインル社オリジナルのパンプキンシードオイルは、100mlのビン入りで€5.99(約720円)でした。

1000円以下で、しかも100ml程度のコンパクトなサイズなので、手軽なのにちょっとエレガントなお土産として最適でした。

ユリウス・マインル社のパンプキンシードオイルは、もう一回り大きいサイズの€9.99のものもありました。

パンプキンシードオイルは日本に安全に持って帰れる?

パンプキンシードオイル

さて、パンプキンシードオイルはガラスのビンに入っていたので、

ぽこ
ぽこ

スーツケースに入れて、日本まで持って帰るのがちょっと不安だな…。

と思いましたが、ユリウス・マインル社はさすが高級店!

パンプキンシードオイル

 

無料で、プチプチで頑丈に包んでくれました。

レジで購入する際に、「日本に持って帰りたいのですが…」と言うと、インフォメーションに案内してくれて、そこでプチプチを追加料金なしにぐるぐる巻いてくれました。

ちなみに英語でプチプチは「バブルラップ(bubble wrap)」と言うんだそうです!実体験で覚えた英単語って覚えちゃいますね~。

ユリウス・マインルのような高級店ではなく、スタンダードなスーパーマーケットで購入する場合は、日本からプチプチ持参していった方がよいと思います。

パンプキンシードオイルのお味は?

パンプキンシードオイル

さて、このパンプキンシードオイル、興味があったので自分用にも購入して帰りました。

パンプキンシードオイルは基本的にはオリーブオイルと同じような使い方ができるそうですが、加熱せずに生で食べたほうが栄養価が高いのだそうです。

そこで私が主に食べた方法は…

  • 生野菜サラダにドレッシングとしてかける
  • スープに上から垂らす
  • タジン鍋で作った蒸し料理に最後にかけ回す

…こんな感じです。

特にトマトとの相性は最高でしたし、ポタージュ系のスープに上から垂らすと、グッと風味に品が出ました。

パンプキンシードオイル

こちらはポタージュスープにかけたパンプキンシードオイルです。茶色と緑色の中間のような色をしています。

オリーブオイル好きの私は、パンプキンシードオイルも同じように気に入って、100mlなんてすぐ使い終わってしまいました。

ぽこ
ぽこ

大サイズを買って帰ればよかったな…。

パンプキンシードオイルは日本ではそれほどポピュラーな食材ではないので、お土産として渡す時は、使い方のメモも一緒に渡してあげると喜ばれると思います。

タイトルとURLをコピーしました