【ウィーン】カフェ・ツェントラルは満足度の高いカフェ!

カフェ・ツェントラル オーストリア旅行記
スポンサーリンク

ウィーンでの楽しみのひとつが、カフェ文化を楽しむことだった私!

毎日1~2店のカフェに入りましたが、最終日の夜に、最後に入店したのがカフェ・ツェントラル。

ウィーンのガイドブックには必ず掲載される有名店です。

カフェ・ツェントラルは、他のウィーンのカフェと比べてもかなり満足度が高かったカフェです。

さっそく入店レポを書いてみます!

カフェ・ツェントラルの外観

カフェ・ツェントラル入口

こちらがカフェ・ツェントラルの入口です。

カフェ・ツェントラル

カフェ・ツェントラルが入っている建物を見ると、かなりゴージャス。

通りの角に立っていて、角のところに入口があり、いわゆる「エック・カフェ」という伝統的なウィーンのカフェの作りになっています。

エック(ECK)はドイツ語で「角」という意味です。

カフェ・ツェントラルのアルテンベルク人形

カフェ・ツェントラルのアルテンベルク

カフェ・ツェントラルに入ると、まず対面することになるのが、このオジサマ。

このオジサマは、19世紀後半から20世紀前半にかけてウィーンで活躍した作家、ペーター・アルテンベルクさんです(もちろん人形)。

アルテンベルクさんは、カフェ・ツェントラルに入り浸っていて、彼宛の郵便物の住所は「カフェ・ツェントラル宛」に送らせていたのだとか。

ウィーンのカフェが、文化人たちのたまり場だったことを伺わせるエピソードです。

ぽこ
ぽこ

このアルテンベルク人形は大人気で、一緒に写真撮影している観光客が多かったです。

カフェ・ツェントラルの雰囲気

カフェ・ツェントラル

カフェ・ツェントラルに足を踏み入れると、その広さ、豪華さに感嘆します。

カフェ・ツェントラル

天井が高くて気持ちいい!ウィーンの数ある歴史的カフェの中でも、内装の豪華さが際立っています。

カフェ・ツェントラル

使われている椅子は、ウィーンの歴史的なカフェで伝統的に使われている「曲木椅子」です。

ぽこ
ぽこ

「曲木」という技法は、木に熱を加えて変形させるんですって。よくわかんないですよね(笑)。それでは木は焼けたり溶けたりするんじゃないの?とか思っちゃいます。

カフェ・ツェントラル

私が入店したのは夕方5時頃で、並ばずに入店することができましたが、満席に近かったです。

お店のスタッフさんたちはかなり忙しそうに動いていて、店全体の雰囲気はざわついていて、格式高い感じはありませんでした。カジュアルに気軽に入店できます。

ラッキーなことに、ちょうどグランドピアノでの演奏が行われていました。

カフェ・ツェントラルでオーダーした飲み物

カフェ・ツェントラル

カフェ・ツェントラルでオーダーした飲み物は、小さいサイズのエスプレッソに似たコーヒーであるブラウナー。€3.6です。

ぽこ
ぽこ

カフェ・ザッハーのブラウナーは€3.9。ザッハーよりは全体的に安い価格設定でした。

カフェ・ツェントラル

グラスに入ったお水と一緒に提供されるのがウィーンのカフェ流です。

カフェ・ツェントラル

カフェ・ツェントラルでは、コーヒー類には小さなお菓子がついてきます!

カフェ・ツェントラル

最初は角砂糖かな?と思ったのですが、ナッツ入りのチョコレートでした。小さいけど美味しいっ!

ぽこ
ぽこ

砂糖と間違えて置いて帰っていたテーブルもあったので、もったいないのでぜひ食べるか、持って帰ってね!

カフェ・ツェントラル

こちらは同行者がオーダーした、「マリア・テレジア」という名前のオレンジリキュール入りコーヒーです。お値段は€7.5。

ツェントラルのカイザーシュマーレンは最高!

さて、ツェントラルでぜひ食べたかったのが、ウィーン名物のお菓子カイザーシュマーレンです。

カイザーシュマーレンは、皇帝ヨーゼフ1世が好んだと伝えられる、小片に分けられたパンケーキをフライパンで焼き上げたお菓子です。
ぽこ
ぽこ

ウィーン滞在中に必ず食べたい!

と決めていて、特にツェントラルのカイザーシュマーレンは評判だと聞いていたので、迷わずオーダー…しようと思ったら…

カフェ・ツェントラル

「Please allow 20 minutes for preparation」…「カイザーシュマーレンはできるまでに20分かかります」と注意書きが。

…いや、もったいぶってて良いじゃないの!迷わずオーダーしますっ!

カイザーシュマーレン

20分ほど待って、キター!カイザーシュマーレン!!!皿が大きい!すごい量!

パンケーキが中はもちもちしていて、外はパリッとしていて、全体としてはふわふわしていて…何これ、美味しいっ!!!

カフェ・ツェントラル

ベリー系のジャムもついてきました。

ジャムがなくてもじゅうぶん美味しかったのですが、このジャムも非常に美味しくて、パンケーキを食べ終わったあと、ジャム単体で全部食べちゃいました!

かなり量が多く、二人で食べてちょうどよい量でした。一人だと食べきれなかったかも。

ウィーンの町を歩き回って、お腹をペコペコにしてツェントラルのカイザーシュマーレンに挑戦してみてください!

ウィーンで一つカフェに入るならツェントラルを推す!

以上、カフェ・ツェントラル体験でした。

ウィーンではいくつかカフェに入りましたが、ウィーンで「どこか一つでいいからカフェに入りたい」という場合は、迷わずカフェ・ツェントラルをおすすめします

理由は…

  • 伝統的なウィーンのカフェの条件を備えている
  • 建物がゴージャスで雰囲気が良い
  • 混雑するけどザッハーやデメルほどの行列はない
  • ザッハーやデメルにくらべるとお値段がリーズナブル
  • コーヒーもケーキも美味しい!

エレガントで明るい雰囲気の店内で、ぜひ極上のカイザーシュマーレンを味わってください!

タイトルとURLをコピーしました