「であい橋」からの風景は迫力満点!白川郷の魅力は合掌造りだけじゃない

白川郷・五箇山旅行記
スポンサーリンク

雨の中の白川郷観光。

天候が悪かったので「早めに観光を切り上げてホテルに行こうかな…」と、ホテルのシャトルバスが到着するバスターミナルに歩きかけた時…

ぽこ
ぽこ

あっ!であい橋に行ってない!!!

…と思い当たり、急きょ方向転換して「であい橋」へと足を運びました。

「であい橋」が白川郷この日最後の観光スポットです。

白川郷の「であい橋」とは?

白川郷

白川郷では、庄川という川が合掌造り集落の横を流れています。

白川郷庄川

エメラルドグリーンの美しい水をたたえる川です。

ぽこ
ぽこ

山間部に住んでいる方にとっては普通のことかもしれませんが、東京の川とくらべると本当に水がキレイでビックリ!

白川郷から庄川をはさんだ対岸には、駐車場や合掌造りの建物を移築した博物館などがあります。

その対岸と白川郷を結んでいるのが「であい橋」です。

ぽこ
ぽこ

車で白川郷に来て駐車場を利用する人にとっては、白川郷の入り口のような橋ですね。

「であい橋」は予想以上の迫力が!

私は実際に白川郷に行く前まで、「であい橋は観光地にあるから人気があるだけで、普通の橋なんだろうな」と思っていました。

結論から申し上げますと、であい橋をナメていました!すみません!

白川郷であい橋

庄川の清らかな水、ワイルドな雪、雨で霞んだ山の風景…思った以上の迫力!

この写真ではわかりにくいかもしれませんが、橋を対岸へと渡る左手を見ると、川の向こうにかん町地区の合掌造り住居が見えます。

ぽこ
ぽこ

絵を描きたくなるような風景!

右手側には合掌造り住宅は見えませんが、庄川の雄大な流れを楽しめます。

対岸はこんな感じで、駐車場近くには合掌造りを利用したお店がずらっと並んでいます。

展望台行きシャトルバスの運転手さんが教えてくださったのですが、対岸にある合掌造りは生活の場として使われていないため、対岸エリアは世界遺産に含まれないそうです。

ぽこ
ぽこ

合掌造りは建物そのものが世界遺産なのではなく、「生活の場として使われているからこそ世界遺産」なのだとおっしゃっていました。

であい橋周辺の風景も楽しい!

バスターミナルからであい橋に向かう道は2つあり、メインストリートの広い車道と、そこから1本庄川側に入った小道があります。

メインストリートからであい橋の方へ入るのもよいですが、であい橋を見学する行きか帰りのどちらかで、一本入った小道を通ることをおすすめします。

こちらは白川郷の観光地図ですが、ピンクの楕円をつけているあたりです。

この小道は観光客が少なめで、落ち着いてひなびた雰囲気が素敵でした。

白川郷

雪国育ちでない私でも、不思議になつかしさを感じます。白川郷が「日本の原風景」と呼ばれるのも納得です。

合掌造りの脇を流れる用水路もとてもいい感じ!

であい橋を訪れる場合は、ぜひこのあたりの小道歩きも楽しんでください。

まとめ

白川郷の「であい橋」の観光旅行記でした。

ぽこ
ぽこ

「ただの橋」なんて思っていてすみません!迫力満点の風景でした。

車で白川郷へ行く方は必ず通る橋ですが、白川郷バスターミナルから観光を始める場合は、わざわざ見に行く場所になります。

「わざわざ」足を運ぶだけの素敵な風景ですので、ぜひ見学を忘れずに!

タイトルとURLをコピーしました