かぼちゃを包丁で切りやすく!丸ごとレンジにかけるなら何分?

カボチャ 生活の知恵
スポンサーリンク

秋の味覚といえば、いもくりかぼちゃ!

食欲の秋にぞんぶんに味わいたいものですが、不器用で非力な私は、いつもかぼちゃを切るのに苦労します。

そんな「かぼちゃ切り」を、かんたんにできる方法を知ったので、ご紹介します!

かぼちゃは丸ごとレンジにかけてから切ればよい!

カボチャ

今日、カボチャ料理を作ろうと思い、レシピを見ていると、「カボチャはレンジでチンしてから切る」という行程がありました。

ぽこ
ぽこ

え?何でレンジにかけてから切るの?

と、思いましたが…ハッと気づきました。

ぽこ
ぽこ

カボチャはやわらかくしてから切れば切りやすいんだ!

ですよね~!何で今まで気づかなかったんだろう!人生40年目にして、カボチャの真実にたどりついた気分!

切りやすくするためのカボチャはレンジで何分チンする?

カボチャ

私が見ていたレシピには、カボチャを何分チンすればいいのか書いていなかったので、様子を見ながらレンジにかけることにしました。

今回使ったカボチャは、300gちょっとの、4分の1にカットされたカボチャです。

カボチャをかんたんに洗った後、ラップをして、まるごとレンジに入れます。

600Wで2分チンしてみましたが、まだまだ硬いままでした。

そこでもう2分半チンしてみると、かなりやわらかくなりました。

ただし、その先に調理することを考えると、ちょっとやわらかくなりすぎたかな。

今回の感じだと、300g(4分の1程度)のカボチャを、切りやすくするためにまるごとチンするなら、目安として600Wで3~4分かなと感じました。

その後の調理方法に合わせて、火に長くかけるならレンジにかけるのは短めにするなど、微調整してください。

今日のまとめ

カボチャと猫

  • カボチャは包丁で切る前にレンジでチンするとやわらかくなって切りやすい
  • レンジにかける目安は、4分の1カットのカボチャで、600Wで3~4分
  • その後の調理方法によって、レンジでチンする時間は微調整が必要
タイトルとURLをコピーしました