レギオジェット(Regiojet)乗車記!ウィーンからプラハへ

レギオジェット オーストリア旅行記
スポンサーリンク

オーストリアの首都ウィーンと、チェコの首都プラハは、鉄道を使って4時間弱で行ける距離にあります。

以前はオーストリア鉄道(ÖBB)のレイルジェットという特急電車を使うのが主流でしたが、2017年に、チェコの私鉄レギオジェット(Regiojet)がウィーン⇔プラハの運行を始めました。

ぽこ
ぽこ

「レイルジェット」と「レギオジェット」って名前が似すぎ…。

ÖBBのレイルジェットより、レギオジェットの方が運賃が安かったので、今回はレギオジェットを利用しました。

その乗車記です!

レギオジェットが出発するホームは電光掲示板で確認!

ウィーンからプラハへ行くレギオジェットの電車は、ウィーン中央駅発です。

ウィーン中央駅

電光掲示板で出発するホームを確認します。

6:39発のRGJと書かれている電車がプラハ行きのレギオジェットです。チェコの私鉄ということで、奥の方の9番ホームからの出発でした。

6:39発ってすごい早い時間に自分頑張ったなあ…。

この早朝発の電車を使って、ウィーンからプラハに日帰り観光する強者もいるそうです。

ウィーン中央駅は6時にはスーパーもパン屋さんも開いているので、出発前にお買い物ができて便利でした。

レギオジェット(Regiojet)は黄色い電車!

レギオジェット

レギオジェットは黄色い車体が目印!

レギオジェット

車体に「REGIOJET」と書かれています。

私は切符をオンライン予約して、メールで送られてきたPDFファイルをプリントして持参しましたが、乗車前・乗車中に、切符のチェックは一度もありませんでした。とはいえ、一応持って行った方が無難だと思います。

レギオジェットのビジネスクラス座席をレビュー

チェコの鉄道は非常に低価格(まあサービスもその分アレなんですが…)。

朝早い電車なので、きっと途中で眠ってしまうだろうと考え、部屋が個室(コパートメント)になっているビジネスクラスを予約しました。

ビジネスクラスは最も高額ですが、それでもウィーンからプラハまでの4時間弱の旅が、€25で買えちゃいました!

ぽこ
ぽこ

€25って3000円ちょっとですよ!4時間の鉄道旅の、最高クラスの座席が3000円って本当に安い!

では、ビジネスクラスの座席をレビューいたします!

レギオジェット

こちらがビジネスクラスへの入り口。

レギオジェット

狭い通路になっていて、定員4人の個室(コパートメント)が続いています。

レギオジェット

座席はゆったりした作りで、隣の人との間にはテーブルがあり、広々と使えます。これだけ広いので、相席の乗客が来なければ、スーツケースを荷物置きに上げる必要もありません。

レギオジェット

皮張りの広い椅子ですが、予想していたよりちょっと古い座席でした。

ぽこ
ぽこ

オーストリア鉄道(ÖBB)の1等席に乗車した際、このコパートメントの作りがまったく同じでした。レギオジェットはÖBBの古くなった車両を譲り受けてるのかな?

レギオジェット

個室の設定温度や、スピーカー音の大きさは、コパートメントごとに調節できます。貸し切りの場合は、好きなように設定できますね。

レギオジェットのドリンクサービスはまさかの無し!

レギオジェットの売りは、どの座席でも無料のドリンクサービスがあることです。

ビジネスクラスでは無料のドリンク以外に、お菓子も無料で注文できます。

レギオジェット

本来ならエスプレッソやカプチーノ(しかもイタリアの有名なコーヒーブランドillyのもの)、お茶などが無料でオーダーできます。本来なら

そう。私が乗車した際は、「問題が生じたため今日はドリンクサービスはありません。アイムソーリー」と言われました。

ぽこ
ぽこ

残念…illyコーヒーを飲む気まんまんだったのに…。

レギオジェット

こちらが「アイムソーリー」と言って渡されたミネラルウォーター。

その後、降車する1時間くらい前に「アイムソーリー」と言ってサンドイッチを持ってきてくれたのですが、お水でサンドイッチ食べるのはしんどかったので、断りました。

ぽこ
ぽこ

でもね、こういう「アイムソーリー」があるだけでもレギオジェットは出来た子でしたよ。あとで書きますけど、チェコ鉄道(CD)やオーストリア鉄道(ÖBB)よりはずっとマシでしたよ…。

レギオジェットの車窓

レギオジェット

ウィーンからプラハまでは結構、だたっ広い草原が続きました。

レギオジェット

こんなチェコ文字が見えてくるようになると「あ、国境を越えたんだな」とわかります。でも、国境を越えた瞬間はわかりませんでした。

レギオジェット

プラハに近づくと、だんだん町並みがにぎやかになってきました。

プラハには25分遅れで着いたレギオジェット

さて。快調に走っていたように見えたレギオジェットですが、プラハ到着時刻を過ぎても、当たり前のように淡々と走り続けました。

プラハに到着したのは、予定していた時刻から25分遅れでした。

プラハ駅

プラハのホテルスタッフが言うには、「チェコの電車はいつも遅れる」とのこと。

プラハに到着した直後の予定は、余裕を持たせておいたほうがよさそうです。

ウィーン・プラハ間はÖBBとレギオジェットどちらがよい?

レギオジェット

今回はウィーン・プラハ間の移動にレギオジェットを利用した私。

ウィーンとプラハの間を鉄道で移動する場合、ÖBBとレギオジェットどちらがおすすめかというと、私の体験上ではレギオジェットがおすすめです。

この後の旅程で何度かÖBBを利用したのですが、予約していた電車が急に運休になり、非常に大変な思いをしました。旅程も狂いました。

そして運休になったあとのサポートが、あまり良いとは言えませんでした。

あとから調べてわかったのですが、ÖBBの突然の運休は珍しいことではないんだそうです。

レギオジェットはドリンクサービスは無かったし、25分の遅延はありましたが、運休されるよりはずっとマシですし、ドリンクサービスがない分の補填をしようとする努力は見られました。

もともとの運賃もレギオジェットの方が2~3割くらい安いですし、次にウィーン⇔プラハを移動する機会があっても、私はÖBBではなくレギオジェットを利用すると思います。

レギオジェットの切符をオンライン予約する方法はこちら→レギオジェット(RegioJet)の切符をオンライン予約する方法!

 

タイトルとURLをコピーしました