【草津】上州ゆめぐり号のお得な予約方法!早割をオンラインでゲットしよう

草津旅行記
スポンサーリンク

草津に温泉旅行に行ってきました。

東京から公共交通機関を使って草津に行く方法はいろいろありますが、運賃が安くて乗り換えがない高速バスでのアクセスが便利です。

今回はJR関東バスの上州ゆめぐり号を使って、草津にアクセスしました。

運よく、お得な早割運賃で切符をゲットできました!

このページでは、上州ゆめぐり号の予約方法についてまとめてみました。

上州ゆめぐり号は早割・オンライン予約がお得

高速バス上州ゆめぐり号の通常運賃は、東京から草津まで3510~3800円です。

運賃に幅があるのは、通常期・繁忙期・最繁忙期によって運賃が変わるためです。

ぽこ
ぽこ

私が草津に足を運んだ1月は、土日・平日関係なくずっと最繁忙期の設定でした

上州ゆめぐり号の運賃は、鉄道を使って東京から草津に行くよりも安いです。

もともとリーズナブルな運賃なのですが、オンラインで予約・購入すると「ネット割」が適用されて5%引きになります。

また「早割(特割)」という割引運賃が適用される便があり、早割だと3060円とかなりお得な運賃になります。

「早割」でも「ネット割」は適用されるので、「早割」をオンライン予約・購入すると、運賃は2910円になります!

東京から草津までの約4時間のバス旅が2910円…往復だと5820円。これは安い!と感じます。

  • 上州ゆめぐり号の割引には「ネット割」と「早割」がある
  • 「ネット割」と「早割」は併用可能
  • 「ネット割」×「早割」の運賃は片道2910円でかなり安い!

早割(特割)の座席はかなり少ない!

上州ゆめぐり号を「早割×ネット割」で購入すると、かなりリーズナブルな運賃で乗車できます。

ですが、ひとつ注意しなければならないことがあり、上州ゆめぐり号の早割(特割)で売られる座席はかなり少ないということです。

どのくらい少ないかというと…

たった2席です!

今後増える可能性もあるのかもしれませんが、2022年1月の状況では、どの便も早割(特割)は2席しか設定されていません。

ということは…早い者勝ちなので、早売切符はなるべく早くゲットする必要があります。

上州ゆめぐり号の切符はいつから予約できるの?

早売切符が欲しければなるべく早くゲット…

では、上州ゆめぐり号のバス切符はいつから予約開始になるかというと、「乗車日の1ヶ月1日前の午前10時から」です。

少しわかりにくいですが、たとえば2/10の便に乗りたい場合は、1/9の午前10時から2/10の便の切符の予約受付が始まります。ちょうど1ヶ月前の1/10からの発売ではないので注意が必要です。

ぽこ
ぽこ

私は1ヶ月前とカン違いして第一希望の切符が取れなかった…。

上州ゆめぐり号の切符をオンライン販売している、高速バスネットの「よくあるご質問」のページにくわしい解説があります。

高速バスネットに「発売開始は変更となる場合がある」と記載があるので、念のため高速バスネット公式サイトでチェックしてくださいね。

また、高速バスネットで予約できる時間帯は朝6時から深夜1時までです。

深夜1~5時は高速バスネットのシステムが稼働していないので注意しましょう。

予約の前に会員登録を済ませておこう

上州ゆめぐり号の切符をスムーズに予約するためには、先に高速バスネットの会員登録をしておくことをおすすめします。

新規会員登録は高速バスネットのトップページの右上から行うことができます。

会員登録せずに切符の予約・購入をすることもできるようですが、会員登録すると購入後の変更や取消の条件が良くなります。

オンラインでの予約方法

上州ゆめぐり号のオンライン予約方法は簡単で、画面に従って進むだけです。

高速バスネットからPCで予約する場合の画面で説明します。

ログインした後、出発地・到着地・利用する日付を入力して検索します。

利用したいバスの「運賃確認・ご予約はこちら」をクリック。

くわしい空席状況が出てくるので、希望の運賃を選んでクリック。

「×」になっている場合は、残念ながら売り切れです。

ログインせずに手続きを進めている場合は、次にログイン画面が出てくるのでログインします。

大人/小児/学生の区分を選択し、座席指定をします。座席表から選択することもできます。

特割(早割)の場合は、座席は既に決まっていて、選択の余地はありませんでした。

次に支払い方法を選びますが、ここで購入せずに「予約のみ行う」を選ぶこともできます。

「予約のみ行う」を選んだ場合は、予約後に提示される引き取り期限までにチケットを購入しないと、自動的にキャンセルになります。

私が予約した際の引き取り期限は、予約した日を含めて3日間でした。

クレジットカード決済でチケット購入すると、乗車券となるQRコードがメールで送られてきます。

そのQRコードを乗車時に乗務員さんに見せて乗車します。

後述しますが、支払い方法はコンビニ決済よりクレジット決済の方がおすすめです。

オンライン予約+クレジット決済だと払戻手数料は110円

上州ゆめぐり号は、変更や取消の条件が良いのもメリットです。

会員登録してオンラインでクレジット決済で購入した切符は、出発時刻10分前までオンラインで3回まで無料で変更可能です。

ただし早割(特割)で購入した切符は変更不可で、いったん払い戻した上で購入する必要があります。

切符の払い戻しには払い戻し手数料がかかります。

とはいえ、払い戻し手数料はたったの110円!安心して予約できます!

実は予約後に次のようなメッセージも来て、少し混乱しました。

電子チケットはバス会社窓口では払い戻しできません。ウェルネット(株)が運営する払戻受付WEBまたは、電話(050-3201-0354)で受付しております。払戻には払戻手数料の他に、別途事務手数料500円(税別)がかかります。

高速バスネットの「よくあるご質問」をよく読むと、払い戻しに別途事務手数料500円がかかるのは支払い方法でコンビニ支払いを選んだ場合のようです。

クレジット決済の場合はメールで送られてくるQRコードで乗車するのですが、コンビニ決済の場合は電子チケットが発行されるとのことです。

この電子チケットが発行された場合(コンビニ決済した場合)は、変更は不可。

電子チケットを変更したい場合はいったん予約を取り消し、払い戻し手数料(110円)+事務手数料(500円)を払わなければなりません。

要するに会員登録してオンライン予約&クレジット決済すれば変更・キャンセル条件が一番有利になるということですね。

まとめ

ぽこ
ぽこ

上州ゆめぐり号の予約についてまとめます!

上州ゆめぐり号の予約について
  • オンライン予約・購入すると「ネット割」で5%安くなる
  • 「早割(特割)」と「ネット割」は併用可能
  • 「早割(特割)」は一便につき2席しか販売しないので早めの予約が必要
  • 切符の発売開始は乗車日の1ヶ月1日前の午前10時から
  • 午前1~5時までの間はオンライン予約できない
  • 予約をスムーズにするために会員登録は事前に済ませておく
  • 画面を見ながら座席指定できるが早割(特割)は座席指定できない
  • 予約時に「予約のみ行う」を選択すると支払期限は予約した日を含めて3日間
  • 「会員登録してオンライン予約しクレジット決済する」と変更・キャンセルの条件が一番よい(払戻手数料110円のみ)

上州ゆめぐり号の予約は…こうやってまとめると結構複雑ですね!

実際に上州ゆめぐり号を使ってみると、鉄道にくらべて乗り換えが少なく、運賃が安く、変更や払戻もしやすくて便利でした。

東京から草津に行く場合は、上州ゆめぐり号を利用することをオススメします!

「上州ゆめぐり号」は新宿駅のバスターミナルから練馬を経由して草津へ行きます。他に本数は少ないですが、東京駅から草津へ向かう「東京ゆめぐり号」もあります。どちらもJR関東バスが運行しています。

タイトルとURLをコピーしました