五箇山相倉合掌造り集落への行き方!白川郷からバスでアクセスする方法を詳しく!

白川郷・五箇山旅行記
スポンサーリンク

白川郷から日帰りで五箇山・相倉集落へバスで行ってきました。

白川郷バスターミナルでのバスの乗り方や、相倉バス停から集落までの道のりをレポします。

白川郷→五箇山相倉へのバス基本情報

所要時間45分
運賃片道1300円
本数平日6/土日祝9(減便の可能性あり
時刻表こちらでご確認ください
予約不要(おそらく不可)
名称世界遺産バス
運行会社加越能バス

白川郷バスターミナルでの乗り場

白川郷から五箇山・相倉へ行くバスは、白川郷バスターミナルから出ます。

白川郷バスターミナル

城端・高岡(世界遺産バス)と書いてある1番のりばが乗車口になります。

切符はバスターミナルの建物内にある窓口で購入できます。

白川郷バスターミナルは観光案内所も兼ねていて、五箇山の情報や地図もゲットできます。

どんなバスに乗るの?

私が白川郷から相倉までのバス旅で乗車したのはこちらのバス。

五箇山相倉行きバス

中は普通の路線バスで、スーツケースなどの荷物置き場はありませんでした。

ただし、帰りのバスはもっと観光バスっぽいバスでした。

世界遺産バス

こちらは下の方にスーツケースを入れるスペースがありそうな雰囲気ですよね。

五箇山行き世界遺産バス

車内の座席もゆったりしていて、リラックスできます。

白川郷から相倉までは45分なので、普通の路線バスに乗ってもそれほど疲れませんが、どちらのタイプのバスが来るのかは運なのかなあ…。

どちらのタイプのバスでも、降りる時は降車ボタンを押します

相倉までの車窓

白川郷から五箇山相倉集落までのバス旅で楽しめる車窓は…

エメラルドグリーンの川やダム。

雄大な雪山。

五箇山岩瀬家

重要文化財の岩瀬家

合掌造りが9棟残る菅沼集落。

重要文化財の村上家。村上家は真横を通ります。

岩瀬家・菅沼集落・村上家は、白川郷から相倉集落へ行く進行方向左手に見えるので、白川郷から向かう場合は左側座席に座るのがおすすめです。

相倉バス停から相倉集落への道

相倉バス停

相倉のバス停は「相倉口(あいのくらぐち)」という名称で、合掌造りを模したかわいらしいバス停です。

バス停にはコインロッカーやトイレがあります。詳しくはこちらの記事でまとめました→【五箇山】相倉合掌造り集落のバス停「相倉口」待合所のコインロッカーやトイレ情報!

このバス停で降りても、相倉集落は全然見えません。

相倉集落へ行くには、バス停の左側から続くゆるやかな坂道を上ります。

坂道はそれほど急ではなく、3分ほど上がると…

今度はゆるやかな下り坂になります。下りはじめると、相倉集落はすぐそこ!

見えてきました!秘境感バツグンです!

相倉バス停から集落までは、歩いて5分程度です。

それほど大変な道のりではありませんが、お帰りの際は、バス停まで歩く時間を計算に入れておきましょう。

ぽこ
ぽこ

五箇山のバス本数は多くないので、一本逃すと旅程が狂っちゃいます。

まとめ

白川郷から相倉集落へバスでアクセスする方法をご紹介しました!

バスは「世界遺産バス」と名付けられているだけあって、名所の近くを通ると車内アナウンスで紹介があります。

途中で五箇山の民謡「こきりこ節」も流れました。

45分のバス旅は車窓を楽しんでいるとあっという間です。

五箇山相倉

相倉集落は奥まった場所にあって秘境の雰囲気があり、観光地の華やかさがある白川郷とはまた違った魅力があります。

白川郷まで行ったら、ぜひ五箇山相倉まで足を延ばしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました