奥日光「中禅寺ペンション」に宿泊した感想・口コミ!

日光旅行記
スポンサーリンク

3月に行った2泊3日の日光旅行では、2泊とも、奥日光の中禅寺湖畔に宿泊しました。

1泊目は、温泉つきの、ホテル「花庵」に宿泊しました。

2泊目は「花庵」が満室だったため、「花庵」のすぐ近くの「中禅寺ペンション」に宿泊しましたので、宿泊した感想を書いてみます!

花庵の方のレビュー記事はこちら→奥日光中禅寺湖ホテル「花庵」の口コミ!感想は「また泊まりたい」 

まず「ペンション」ってどんな宿泊施設?

「ペンション」とは、洋風の民宿を指すことばで、個人経営の、小さな宿泊施設を指します。

「ペンション」は、もともとフランス語で「年金」という意味だそうです。

退職したシニア夫婦が、年金生活をしながら、自宅の一部を宿泊施設にして収入をふやすことを、「ペンション」と呼ぶようになったのが語源だそうです。

日本では、和式の部屋が多い「民宿」に対し、洋風の民宿を「ペンション」と呼ぶことが多いです。

この「中禅寺ペンション」も、個人の方が営業している宿泊施設で、ホテルのような24時間体制のフロントはありません

ペンションのメリットとしては、ホテルのようなサービスが受けられない分、周辺のホテルと比べると、宿泊料金が安くなります

中禅寺ペンションの立地は?

中禅寺ペンション

中禅寺ペンションは、中禅寺湖周辺で一番大きなバスターミナル、中禅寺温泉から徒歩5分くらいの、便利な場所にあります。

横に長いペンションなので、宿泊する部屋によって違いがあるとは思いますが、私が宿泊した部屋からは、中禅寺湖と、男体山が見えました。

中禅寺ペンション

男体山の眺めがスバラシイ!

中禅寺湖に沈む夕日も、部屋から見ることができました。

中禅寺ペンションのフロント

中禅寺ペンション

「中禅寺ペンション」は個人経営とはいえ、部屋数は9室もあり、フロントがあります。

フロントにはスタッフさんが常在していませんが、フロントに用事がある場合は、部屋の電話から、スタッフさんと連絡を取ることができます。

建物は洋風ですが、土足では入れません。建物内に入る際に、靴を脱ぎ、スリッパにはきかえます。

中禅寺ペンションのお部屋

私が宿泊したのは洋室です(和室も2部屋あるそうです)。

中禅寺ペンション

部屋のインテリアは、かなり古い感じです。レトロな雰囲気を楽しみたい方には、昭和の宿という感じなので、おもしろいかもしれません。

ベッドの脇に座るスペースがありますが、手狭な感じはします。

私は中禅寺湖周辺を歩き回って、お部屋には眠りに帰るだけだったため、不便はありませんでしたが、ホテル内でゆっくりしたいという方は、あまりリラックスできる雰囲気ではないかもしれません。

中禅寺ペンション

部屋には、小さなユニットバスがついていました。

部屋のお風呂は、後述する貸切風呂を利用したので、使っていません。トイレを使うにもやや狭く感じましたが、1泊くらいなら問題なしです。

中禅寺ペンションの部屋にあったアメニティ

「民泊」「ペンション」といった施設は、アメニティが少ないこともあるようですが、「中禅寺ペンション」は、宿泊に必要なアメニティは一通りそろっていました。

ドライヤー、バスタオル、お風呂タオル、歯ブラシ・歯磨き粉、石鹸は揃っています。シャンプー・リンスは、後述する貸切風呂に備えてあります。

中禅寺ペンション

浴衣もありました。ほとんど手ぶらで宿泊できて便利です。

中禅寺ペンション

お湯の入ったポットと、お茶パックもついています。

唯一不便に感じたのは、お風呂でボディを洗うタオルはありましたが、ハンドタオル・フェイスタオルがなかったことです。1泊だったので、バスタオルを兼用しました。

中禅寺ペンションの貸し切り風呂

中禅寺ペンション

「中禅寺ペンション」は、温泉はありませんが、時間制で、貸し切りで使えるお風呂があります。

夜は45分、朝は25分、チェックイン順に予約できます。

貸し切り風呂のエリアは、別館のようになっていて、途中で通る通路は、3月には少し寒かったです。

中禅寺ペンション

湯冷めするような距離ではないので、ササっと通れば、風邪をひく心配はないと思います。

中禅寺ペンション

お風呂は2種類あり、檜のカベになっている和風の「禅」と、ピンク色のタイルがかわいい洋風の「華」。どちらとも入りましたが、どちらも非常に綺麗で、居心地がよいです。

中禅寺ペンション

このお風呂内には、DHCのシャンプー・リンス・ボディシャンプーが備えてあったので、女子には嬉しいですね!

中禅寺ペンション

着替えるスペースにはドライヤーがあります。湯冷めしないようにヒーターも置いてあります。

タオル類は、貸し切り風呂の方には置いてないので、部屋から持って行きます。

「中禅寺ペンション」自慢のお食事!

ここまで読んだところで、「中禅寺ペンション」は温泉でもないし、それほど特別な感じはしないかな~と思うかもしれませんが、「中禅寺ペンション」の真骨頂は、何と言っても食事です!

夕食と翌朝の朝食がつきますが、別館として、目の前にあるレストランで食事が出ます。

中禅寺ペンション

ペンションとレストランを行き来するのに、靴を脱いだり履いたりが面倒という場合は、サンダルを貸してもらえます。

食事は、フレンチのフルコースですが、宿泊エリアの雰囲気からは想像できないような、豪華でおいしい食事が次々と出てきます。

オシャレな創作料理ではなく、本格的でベーシックなフレンチです。メインは肉も魚も出てくる豪華さ!

食事がおいしいという口コミを見てはいましたが、想像以上のおいしさで本当に驚きました。隣のテーブルからも「おいしい…」という声が聞こえました。

一般客にはレストランを開放していませんが、宿泊客だけが食べるのはもったいないと感じるおいしさでした。

この料理を食べるためには、中禅寺ペンションに泊まらなければいけないということなんですね!

これだけのクオリティの料理を提供するためだと思いますが、夕食と朝食の時間は決められています。夕食18時、朝食8時でした。

朝食の写真もどうぞ。朝食も朝から豪華でした。

ヨーグルトがついていて嬉しかった~。パンはおかわりもできました。

中禅寺ペンションのコスパと全体的な感想は?

宿泊料金は、3月半ばの週末に、二人で宿泊して19494円でした。

お部屋の古さや、温泉がないことを考えると高く感じますが、何と言っても、あのお食事の美味しさ!

食事込みの料金ですので、全体としてはリーズナブルなお値段におさまっていると感じました。

温泉目当てで中禅寺湖周辺に宿泊する方は、やはり温泉付きのホテルになると思いますが、少しでも安く宿泊できて、美味しい料理が食べれるならOK!という旅行にはおすすめです。

ぽこ
ぽこ

学生旅行や、カジュアルな女子旅、家族旅行の方に向いてます!

タイトルとURLをコピーしました