Κ,Μ,Τは覚えなくても英語風に読める!~ギリシャ語子音の読み方その1

ギリシャ旅行記
スポンサーリンク

ギリシャ旅行に行く前に、ギリシャ文字を読めるようになっておこうと考えている私(ギリシャ語を話せるように…なんて大それたことは考えていません!)。

前回は母音「あいうえお」の読み方を学びました。

今回からは子音の読み方に入りますが、かんたんな順に行きます!

第1回は、「覚えなくても英語と同じ感じで読めるじゃん!」という3文字です!

Κ/κはそのまま読んでしまえ!

まずはΚ

どう見てもカ行で読みたくなる文字ですが、そのままカ行で読んでOKです!

小文字もはκで、これも普通にカ行で読めますね。

ぽこ
ぽこ

スバラシイ!

Κは文字の名称は「カッパ」もしくは「カパ」で、水辺の妖怪を思っちゃいますね。

イタリアのスポーツメーカー「Kappa」は、このギリシャ文字「Κ(カッパ)」からブランド名を取っています。

Κόρινθος=リントス

コリントス運河で有名なコリントスはΚで始まります。

Μ/μは小文字の形だけちょっと注意すれば大丈夫!

Μ…そのままマ行で読みます。

小文字のμも、何とかMの形に見えるでしょう!

文字の名称は「ミー」もしくは「ミ」。

Μύκονος=コノス

ギリシャきってのリゾート地ミコノス島はΜで始まります。

ぽこ
ぽこ

ミコノスの「ミ」のイの音はΥ(小文字はυ)で表されてるね!

Τ/τもそのまま読めるぞ!

何の労力もなく読めるギリシャ文字のおしまいはΤ

ハイ、そのままタ行です。

小文字はτで、何だか足元が浮かれている感じですが、何とかこれもTの字に見える!

文字の名称は「タフ」もしくは「タウ」です。

Μετέωρα=メオラ

断崖絶壁の上に建つ、空中修道院で有名なメテオラの中にτがいます。

まとめ

覚えなくても英語読みで読めちゃうギリシャ文字の子音シリーズ、Κ(カッパ)、Μ(ミー),Τ(タフ)でした!

ギリシャ文字の読み方を覚えていくのは大変ですが、いくつかは英語の感覚で読めるので大丈夫!

ぽこ
ぽこ

この調子で頑張っていくぞー!

タイトルとURLをコピーしました