オーストリアばらまき土産はモーツァルトクーゲルンで決まり!

モーツァルトクーゲルン オーストリア旅行記
スポンサーリンク

オーストリア旅行のお土産の定番が、モーツァルトクーゲルン(Mozartkugeln)。

ぽこ
ぽこ

私も職場のお土産として購入しました。

オーストリア旅行で「ばらまき用」のお土産を購入したい場合は、モーツァルトクーゲルン一択でよいのでは?…という感じなので、このモーツァルトクーゲルンをご紹介します!

モーツァルトクーゲルンがばらまき土産に適している3つの理由!

ぽこ
ぽこ

オーストリア名物のモーツァルトクーゲルンが、ばらまき土産に最適である理由を、3つに分けて説明します!

モーツァルトクーゲルンは個包装

モーツァルトクーゲルン

ばらまき土産の鉄則が「個包装であること」。

ヨーロッパのお菓子は個包装でないものも多く、せっかく美味しいお菓子なのに、ばらまき用に購入するにはためらってしまうことがあります。

モーツァルトクーゲルンは個包装された丸いチョコレート菓子なので、多人数に配るのに最適です!

モーツァルトクーゲルンは万人受けする味!

モーツァルトクーゲルン

モーツァルトクーゲルンは、製造会社によって多少の違いはありますが、基本はピスタチオで作ったマジパン(キャラメルクリームっぽい感じのもの)を、チョコレートでコーティングしています。

マジパン+チョコレートなので、モーツァルトクーゲルンは甘すぎず苦すぎず誰でも食べやすいというのが、ばらまき土産に向いています。

モーツァルトのパッケージがオーストリアらしい!

モーツァルトクーゲルンのパッケージには、たいていモーツァルトの写真や絵があります。

モーツァルトのおかげで、いかにも音楽の国オーストリアって感じが出ます。

しかも個包装された一つ一つのモーツァルトクーゲルンも、包み紙にモーツァルトがプリントされていることがほとんどなので、ばらまき土産としてのポイントが高いですね。

モーツァルトクーゲルンはどこの会社のものがよい?

モーツァルトクーゲルンはいろいろな会社が製造しています。

ぽこ
ぽこ

たとえばポテチがいろんなメーカーから出ているのと同じ感じです。

その中でオーストリア全土で入手しやすく、モーツァルトクーゲルンのメーカーとして有名なのが、赤いパッケージのミラベル社(Mirabell)です。

モーツァルトクーゲルン

数が少ないもの・大量に入っているもの、袋詰めのカジュアルなもの・箱入りの豪華なものなど、品ぞろえが多く、お土産を渡す相手に合わせていろいろ選べます。

ぽこ
ぽこ

私もミラベル社のモーツァルトクーゲルンを購入しましたが、クセがなく上品にまとまった味でした。

もしザルツブルクへ行く予定があるなら、モーツァルトクーゲルン発祥のお店で、オリジナルレシピを持っているフュルスト(Fürst)で購入するのもいいかもしれません。

モーツァルトクーゲルンを安く購入するには?

スパール

モーツァルトクーゲルンは、断然スーパーマーケットでの購入が安いです。

空港やお土産屋は、スーパーの2~3倍の値段になっていることもあります。

ミラベル社のモーツァルトクーゲルンは、ほとんどのスーパーで売っていました。

モーツァルトクーゲルン

私は12~13個入りの箱詰めのモーツァルトクーゲルンを、インスブルックのスーパーで€7でゲットしました。

現地でモーツァルトクーゲルンを食べるなら

「せっかくならオーストリア現地でモーツァルトクーゲルンを食べたい」「人にあげる前にどんな味か確かめたい」という場合は、モーツァルトクーゲルンの板チョコを買って食べるのが便利です。

私が購入して味見した板チョコのモーツァルトクーゲルンは€2.6でしたが、安売りのスーパーでは€1.99で売ってたこともありました。

モーツァルトクーゲルン

この板チョコをバックパックに入れておいて、観光先で疲れたときに、ペロッと食べちゃいました。

ぽこ
ぽこ

甘くて美味しかったです~!

まとめ

オーストリアのばらまき土産に最適なモーツァルトクーゲルンのご紹介でした。

モーツァルトクーゲルンはオーストリア現地のスーパーで購入するのがお得ですが、「荷物を増やしたくない」「夏場の旅行でチョコレートが溶けるのが心配」という場合は、オンラインで購入する裏技もあります。

モーツァルトクーゲルンはオーストリアの定番土産なので、海外旅行のお土産をお取り寄せできるサイトでよく扱っています→JTBショッピング

タイトルとURLをコピーしました