ウィーンで行くべき美術館5選!一番のおすすめはどこ?

美術史美術館 オーストリア旅行記
スポンサーリンク

ウィーンの魅力の一つが、見ごたえのある美術館がいくつもあること!

クリムトやシーレといったウィーン世紀末芸術の巨匠たちの絵や、ハプスブルクの栄華を象徴するような、そうそうたる画家の代表作をウィーンで観賞できます。

ウィーンの美術館で、私が入館した美術館と、おすすめ度をご紹介していきます!

ウィーン美術史美術館

ウィーン美術史美術館

【おすすめ度】5

ウィーンで「どこか一つ美術館に入りたい」という人に、圧倒的におすすめしたいのがウィーン美術史美術館です。

ぽこ
ぽこ

特に西洋絵画が好きという方はマスト!

まず、所蔵している絵画の量がスゴイです。じっくり見て回ると3時間でも足りません。

そしてそれ以上に、絵画の質がスゴイ。

ブリューゲル農民の踊り

ブリューゲルの傑作の数々!

ウィーン美術史美術館フェルメール

フェルメールの代表作もある!

ウィーン美術史美術館

ベラスケスの有名作品も!

他にもラファエロやカラヴァッジョ作品もあり、絵画によっぽど興味がない人でない限り、ウィーンに来てウィーン美術史美術館に入らないなんてもったいないです!

個人的にはホーフブルク王宮やシェーンブルン宮殿を差し置いてでも、美術史美術館の入館をおすすめします。

ベルヴェデーレ宮殿上宮

ウィーン ベルヴェデーレ宮殿上宮

【おすすめ度】4.5

ウィーンで一番楽しみにしているのはクリムトの絵を見ること!

という方が美術史美術館より優先すべきなのは、ベルヴェデーレ宮殿上宮内の美術館です。

ベルヴェデーレ宮殿上宮は世界最多のクリムト作品を所蔵していて、私が訪問したときも20作品以上の展示がありました。

修復中や貸し出し中で、クリムト作品の数は多少変動するようです。

そして、数が多いだけでなく、クリムト作品の傑作中の傑作「接吻」「ユディト」があるんです!

ウィーン ベルヴェデーレ宮殿上宮

ウィーン ベルヴェデーレ宮殿クリムト

ベルヴェデーレ宮殿は中心部よりやや遠いウィーン中央駅近くにあり、立地が少しネックとなりますが、じゅうぶん訪問する価値があるクリムトコレクションです!

セセッシオン(分離派会館)

セセッシオン

【おすすめ度】4.5

これは個人的好みになりますが、ベルヴェデーレ宮殿上宮で見た「接吻」や「ユディト」よりも、私が好きだったクリムト作品が「ベートーヴェンフリーズ」です。

ベートーヴェンフリーズ

この「ベートーヴェンフリーズ」を見るまでは、

ぽこ
ぽこ

クリムト作品ってそんなにいいかな…?

と思っていましたが、「ベートーヴェンフリーズ」を見て「クリムト超すごい!!!」に変わっちゃいました。

「ベートーヴェンフリーズ」はセセッシオン(分離派会館)という建物の地下にあり、このセセッシオンという建物自体が独特で一見の価値があります。

セセッシオンに入場して観賞する芸術作品は、企画展などがある場合もありますが、ぶっちゃけ「ベートーヴェンフリーズ」のみです。

それだけを鑑賞するにしては「やや入場料が高いかな?」とは思いましたが、高い入場料を払っても後悔はない作品でした。

アルベルティーナ絵画館

アルベルティーナ

【おすすめ度】4

アルベルティーナ絵画館は、デューラーの超有名なデッサン「野兎」を所蔵していることで有名です。

アルベルティーナ 野兎

デッサンなのに超人気の「野兎」。

実際見てみると人気あるのが納得できる、本当に味のある作品でした。

デューラーのデッサンは「野兎」以外にもいくつかあり、クリムトやシーレ、ミケランジェロのデッサンなどもあります。

デッサンでない絵画作品は、印象派以降のモネやピカソの絵画を展示しています。

ぽこ
ぽこ

デューラーが描いたうさたんにはどうしても会いたいなあ…

という方は、アルベルティーナに入館しましょう!

造形美術アカデミー絵画館(一時的に演劇博物館で展示)

ボス「最後の審判」

【おすすめ度】4

私がウィーンで見たいと思っていた絵画のひとつが、ヒエロニムス・ボスの「最後の審判」

造形美術アカデミー絵画館という美術館が所蔵していますが、現在は工事中のため、一時的に演劇博物館で展示しています(2020年までの予定)。

演劇博物館には、ボスの「最後の審判」以外の造形美術アカデミー美術館所蔵の作品も展示されていて、クラナッハやファン・ダイクの秀作や、有名なマリア・テレジアの肖像などがありました。

ボスの作品以外も楽しめる美術館なので、おすすめですよ!

まとめ

ウィーンで訪問をおすすめしたい美術館をまとめてみました。

  1. ウィーンの美術館で一番のおすすめは美術史美術館
  2. クリムトファンにはベルヴェデーレ宮殿上宮
  3. クリムト好きはセセッシオンもおすすめ
  4. デューラー「野兎」を見たい人はアルベルティーナ
  5. ヒエロニムス・ボス「最後の審判」を見たい人は造形美術アカデミー美術館

ウィーンの美術館は入場料がやや割高に感じますが、満足度の高い美術館が多いです。

ぜひウィーンでしかお目にかかれない傑作絵画を堪能してください!

タイトルとURLをコピーしました