ウィーン観光の魅力!7つのポイントで楽しみたい!

ウィーン王宮 オーストリア旅行記
スポンサーリンク

ウィーンはオーストリアの首都で、日本人観光客も多数訪れる人気観光都市です。

実際にウィーン旅行に行ってみて、

ぽこ
ぽこ

ウィーンの魅力はココだ!

と感じたポイントを7つにまとめてみました!

ウィーンにはハプスブルクの宮廷文化が残る

ウィーンはハプスブルク家が住居として宮殿を構え、拠点とした町です。

ハプスブルク家の残した宮廷文化を楽しみたいなら、訪問したいのはホーフブルク旧王宮と、シェーンブルン宮殿

ホーフブルク旧王宮

歴代皇帝が日常生活を送ったホーフブルク旧王宮は、ウィーンの中心部にあります。

シェーンブルン宮殿

ハプスブルク家の夏の離宮として作られたシェーンブルン宮殿は、ウィーンの郊外にあります。

音楽の都ウィーンで音楽鑑賞!

ウィーンの異名は音楽の都

ウィーンではハプスブルク家のもとで宮廷音楽が栄え、モーツァルト、シューベルト、ハイドンといった超大物音楽家たちが活躍しました。

現在でもウィーン少年合唱団や、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などの活動の拠点となっています。

ウィーンではぜひ音楽鑑賞を楽しみたいところですが、ウィーン・フィルハーモニーの演奏会のチケットを入手するのはかなり難しいです。

ウィーン少年合唱団の方は、夏季をのぞく毎週日曜日に、王宮礼拝堂のミサで歌声が聴けます。

ぽこ
ぽこ

日曜日にウィーンに滞在する予定の方は、この王宮礼拝堂ミサを鑑賞することをおすすめします!

このミサで、伴奏をするのはウィーン・フィルなので、ウィーン・フィルとウィーン少年合唱団のコラボを鑑賞できる点もお得です。

クリムトの傑作の多くがウィーンに!

ウィーン ベルヴェデーレ宮殿上宮

ウィーンは、19世紀末に世紀末美術が栄えたことで知られています。

世紀末美術の巨匠クリムトの傑作が、数多く残されています。

ぽこ
ぽこ

ウィーンにはクリムトの作品が多すぎて、全部見尽くそうと思ったら、2~3日の滞在では時間が足りないくらいです。

世界史図説で見たブリューゲル作品もいっぱい!

ブリューゲル農民の踊り

ウィーンには、北方ルネサンスの巨匠ブリューゲルの傑作もズラッとそろっています。

高校世界史で使った教科書や図説集に載っていたブリューゲルの絵に、たくさん出会えて感動しました!

特に美術史美術館は、世界最大のブリューゲルコレクションを誇ります。

見ごたえタップリの美術館がたくさん!

ウィーン美術史美術館

ハプスブルク家が芸術作品の収集に情熱があったことや、19世紀末に世紀末美術が花開いたことなどから、ウィーンには数多くの美術作品が残されています。

それらの美術作品は、美術館で観賞することができますが、ウィーンはレベルの高い美術館が多すぎて、観賞が追いつかない!(嬉しい悲鳴です)

その中でもヨーロッパ三大美術館のひとつに数えられるウィーン美術史美術館と、世界最大のクリムトコレクションを誇るベルヴェデーレ宮殿上宮はぜひとも訪問したい美術館です。

ユネスコ無形文化遺産のカフェ文化

カフェ・ザッハー

ウィーンといえばチョコレートケーキ「ザッハトルテ」を思い浮かべる方がいるかもしれません。

ザッハトルテは、ウィーンの老舗カフェ・ザッハーで生まれたケーキです。

カフェ・ザッハー以外にもウィーンには歴史あるカフェが数多くあり、独特のカフェ文化を作り出してきました。

ウィーンのカフェ文化はユネスコ無形文化遺産に登録されています。

ウィーンではぜひ歴史あるカフェをはしごして、ウィーンのカフェ文化を体験してみましょう。

ウィーンの世紀末建築を見る!

マヨリカハウス

ウィーンを歩いていると、ハプスブルクの帝都だったわりには、町並みがそれほど古い感じがしないことに気づきます。

ウィーンでは19世紀末に世紀末建築のブームが起こり、ユーゲントシュティール(フランス語ではアール・ヌーボー)と呼ばれるスタイルの建物が数多く建てられています。

世紀末建築の建物は、目を惹くようなピンク色や緑色で、平面的で官能的な絵が描かれていることもあり、ウィーンの町並みに不思議な雰囲気を作り出しています。

まとめ

ウィーンの魅力を7つのポイントにしぼってまとめてみました。

ウィーン観光ではぜひ、この7つのポイントで楽しむような計画を立ててみてください!

  1. ハプスブルク家の宮殿見学
  2. ウィーン少年合唱団やウィーンフィルなどの音楽鑑賞
  3. クリムト作品の観賞
  4. ブリューゲル作品の観賞
  5. 美術館めぐり
  6. カフェ巡り
  7. 世紀末建築の見学
タイトルとURLをコピーしました